7/22(金)は都合により午前休診します。午後は通常診療です

フィナロイドなどの海外性のAGA治療薬は使ってもいい?海外の薬の安全性は?

フィナロイド
この記事に書いてあること
  • AGAの治療の柱フィナステリドとは
  • フィナステリドのジェネリックの紹介
  • ジェネリック医薬品かかえる大きな問題点

AGAでお悩みの方
先生、今私が使っている薬なんですけど、海外から輸入したりできるってききました。

院長 藤田
プロペシアのことですね?確かに個人輸入で手に入れられるのですが、個人での輸入はお勧めできないですね。

AGAでお悩みの方
そうなんですか?なんでも、フィナロイドという海外のジェネリックが安いと聞いたんです。それで調べてみたら他にも色々あるみたいなんです。

院長 藤田
AGAに限った話ではないのですが。薬の個人輸入は結構リスクが高いんですよ。
知識がない人が個人輸入をすると痛い目を見ることがあるんです。フィナロイドもお勧めはあまりできないですね。まずはプロペシアのジェネリックについて解説しましょう。

目次

そもそもプロペシアとは

 Finaloid

AGAの治療薬として必須の薬剤であるプロペシアですが、プロペシアという名前は商品名で、有効成分の名前はフィナステリドと言います。その作用機序をみてみましょう。

AGAは男性ホルモンであるテストステロンに5αレダクターゼが作用することで、毛髪の成長を抑制するジヒドロテストステロンに変化することで起こります。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは5αレダクターゼの作用を妨げることでジヒドロテストステロンの生成を防ぎAGAを食い止めます。

日本皮膚科学会が定める「男性型および女性型脱毛診療ガイドライン 2017年版」ではAGAに対するフィナステリドの内服は推奨度A(行うように強く勧める)となっています。
発売以来プロペシアはAGA治療の必須中の必須薬剤として使われ続けています。

フィナロイドとプロペシアの違いは?

 Finaloid_hikaku

フィナロイドもプロペシアと同様にフィナステリドを主成分とするAGA治療薬です。フィナロイドはプロペシアのジェネリック医薬品にあたる薬剤なのです。

ジェネリック医薬品とは先に発売された薬(先発医薬品)の再審査期間、特許期間が満了したあとに、先発医薬品と同等の成分を用いて作られる薬です。国内のジェネリック医薬品は品質、効き目、安全性が同等であることを厚生労働省が厳しい試験によって承認されています。

一方でフィナロイドをはじめとする、海外のジェネリック医薬品については安全性や有効性の管理が国ごとによって異なり、規則が厳しい国もあれば緩い国もあります。規制の緩い国ではなんと患者さんのもとに薬が届けられるまでの間に何の審査もないと言う国まで存在します。

プロペシアのジェネリック医薬品はどこで手に入れられる?

 Finaloid_get

プロペシアのジェネリック医薬品は日本国内では医師の処方箋が必要です。そのため皮膚科やAGA専門クリニッックのみでの入手となります。

AGAでお悩みの方
なるほどフィナロイドはジェネリックいや有品なんですね。でも、もともとの薬と同等の効果と安全性があって安くなるってことですよね。いいことばっかりじゃないですか。

院長 藤田
しっかりと認証されたジェネリックは使うことに何の問題もないと思います。
けれど、薬剤費を安くしようとしてフィナロイドなどの海外の安い薬剤を輸入するとなると話は別なんです。

AGAでお悩みの方
あ、規制の厳しい国と緩い国があるってやつですね?

院長 藤田
そうです。みていきましょう。

選ぶべきジェネリックと選んではいけないジェネリック

 Finaloid_generic

日本国内で手に入れることのできるプロペシアのジェネリック医薬品は10種類あります。

そのうち9種類は純日本産で1種はアメリカのファイザーの日本法人のものになっています。先ほど述べたように、日本国内のメジャーな製薬会社のジェネリック医薬品は厚生労働省がその有効性や安全性について一定以上の水準を満たしていると確認したものなので、安心して使うことができます。

一方でフィナロイドをはじめとした海外の医薬品ですが、残念ながら粗悪な薬剤が非常に多く、とても使用を勧められたものではありません。海外製でお勧めすることができるのはファイザー製のみです。

個人輸入代行で入手できるようなフィナステリド製剤はほぼすべて安全性が明らかでなく、使用しないほうが良いでしょう。しっかりと審査された日本製の薬剤や大手製薬企業であるファイザーの薬剤を避けて出どころのわからない海外性の薬剤を購入するのは非常に危険です。

さらにいうと個人で海外から輸入できる薬剤はちゃんとした精査を受けていないことから、ジェネリック医薬品とすら厳密には言えない薬剤なのです。

AGAでお悩みの方
怪しい薬があるというのはわかるんですけど、有効成分は一緒なんですよね。
そう言った薬を出してくれるクリニックもあるし、成分名を偽ったら流石に罰則がありますよね。

院長 藤田
さすがにクリニックで出てくるもので真っ赤な偽物というのはないでしょうね。

AGAでお悩みの方
では何が問題なん薬には有効成分の他にも色々と成分が入っているんです。その成分についてしっかりと第三者の目から確認が取られていないことが大きな問題になっているんです。また正しい薬剤を手に入れたとしても医師と相談せずに使うと副作用などで健康被害を被る場合があるんです。
あとはクリニックを介さない個人輸入ですがこれは非常に危険で絶対にやめて欲しいです。ここにテキストを入力

安易に手を出すのは絶対にお勧めできない薬剤の個人輸入

 Finaloid_sideeffects

有効な薬が安く手に入ると言われるとついつい手を出してしまいそうな個人輸入。そこには多くの落とし穴があるのです。どのような危険性があるのかについて解説していきます。

フィナステリドには副作用がある

フィナステリドにはいくつかの副作用があります。多く出現すると言われているのは以下の通りです。

  • 性欲減退、勃起不全、射精障害などの男性機能に関する副作用
  • 肝機能低下、肝障害
  • 痒み、蕁麻疹、発赤といった過敏症症状あ

これらの副作用があることから服用を始める前にまずは医師と相談したり、肝臓の持病がないかを確認して安全にフィナステリドを内服できるかを検討してから使用を開始することが重要です。

安易に自己判断で薬剤を開始すると、思わぬ大きな副作用により重篤な健康被害を被る可能性があります。

肝臓は障害されても症状が出にくいことから「沈黙の臓器」とも呼ばれています。異変に気づいた時には肝臓が取り返しのつかないことになっていた、そんなことがあるかもしれないので安易な内服治療は非常に危険です。治療は医師と相談しながら始めるようにしてください。

承認されていない有害な添加物が含まれている可能性がある

薬剤には実際に目的とする効果を発揮する成分である有効成分以外に、様々な添加物が含まれています。

国内の承認を得た薬剤はこの添加物の安全性までしっかりと精査されているのですが、海外の薬品を個人輸入した場合はその辺りのチェックが非常にゆるくなってしまいます。いまはフィナロイドがよくおすすめの海外産フィナステリド製剤として取り上げられていますがこのフィナロイド確実に安心かはわかりません。

今のようにフィナロイドがもてはやされる前には、フィンペシアという非常に有名だったジェネリック医薬品があります。日本では認可されておらず、個人輸入代行店でしか入手できないものでしたが、AGA専門のクリニックもほとんどなかった時代だったため、薄毛に悩む多くの人が自分の判断で輸入をして使用していました。

ところがこのフィンペシアに発がん性物質であるキノリンイエローという成分が含まれていたのです。このことが明らかになったのはフィンペシアが使われるようになってから10年も経ってからのことであったため、すでに多くの人が日常的に内服していました。そのため一時期は大きな騒ぎになりました。

実際にどれくらいの害があったかは不明確ですが、東南アジアで製造されるジェネリック医薬品はほぼ無検査で市場に出回ってくることもあり、様々な薬剤で同様の問題が起きています。

フィナロイドにも同様のリスクがありますので信頼できる国内性の薬剤を使用することを強くお勧めします。

そもそも真っ赤な偽物の可能性すらある

途上国ではジェネリックは無審査で販売されています。つまり本物の薬であるということを誰も保証してくれないのです。

さらに製造した段階では本物であっても、流通の過程で偽物にすり替えられたりすることもあり、非常に危険です。我が国でも個人輸入の薬剤で死亡事故が発生した例があります。

「と言ってもたまにあるくらいでしょ?」と思われる方は、インターネットで「薬 輸入 死亡事故」で検索してみてください。最近のものも含めて非常に多くの報告がありびっくりしますよ。

国の救済制度を受けられない

個人輸入の薬は国が承認したものではないので、当然健康被害が出た場合に国が定める医薬品副作用救済制度の対象外になってしまいます。安さにつられて飲んだ薬剤によって健康被害を被り、多額の医療費が必要になったなんてことになると本末転倒です。

AGAでお悩みの方
いろいろと個人輸入は怖い問題があるんですね、、、

院長 藤田
残念ながら健康被害を訴える人も出ているので、個人輸入は危険というのが現状です。
ジェネリックを使いたいのであれば日本国内で流通している薬剤を選びましょう。どうしても海外のものと言うのであれば大手製薬会社のファイザーのもの以外は危険なので使わないようにしてください。

AGAでお悩みの方
けどやっぱり先生に相談するのがいいですね。

院長 藤田
安全性を考えるのであればやはりAGAを見ることのできる医師の在籍するクリニックを受診して欲しいですね。今回解説したフィナステリド以外にもいろいろな治療を組み合わせてAGA
治療は成り立っています。

それを全部自分でやるのはちょっと無理がありますよね。

まとめ

今回はAGA治療のジェネリック事情をフィナステリドを例に解説していきました。

薄毛に悩んでいる人が少しでも小さなコストで薄毛治療を始めたいと言う気持ちは当然のことですが、
安全性をしっかりと担保した治療を受けることがまず最も大事なのです。信頼できる薬剤でしっかりとした治療を受けて発毛効果を実感するために、AGA専門クリニックの医師と相談しながら治療を受けることをお勧めします。


この記事を書いた医師

内科総合クリニック人形町 院長 藤田英理
Dr. 藤田 英理

内科総合クリニック人形町 院長

  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 東京大学医学部保健学科および横浜市立大学医学部を卒業
  • 東京大学付属病院や虎の門病院等を経て2019年11月に当院を開業

最寄駅:東京地下鉄 人形町および水天宮前(各徒歩3分)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次