背中脱毛の回数の目安と料金相場|後悔しない選び方や注意点を医師が解説

背中脱毛の回数の目安と料金相場|後悔しない選び方や注意点を医師が解説
院長 藤田

こんばんは。内科総合クリニック人形町 院長の藤田です。

自分ではなかなか見ることはないけれど、他人からは意外と見られる部位が「背中」です。

個人差はありますが、背中は産毛が密集している部位でもあり、女性でも背中の毛が濃い人は意外と多いです。

露出が多い水着やドレスを着る時だけでなく、背中が少し広めに開いているトップスや、オフショルダーで肩から背中にかけて見える服装の時など、普段でも背中は人から結構見えるもの

とはいえ、自身でシェーバーやカミソリを使ってシェービングをするのは難しく肌を傷つける恐れがあったり、剃ってもすぐに生えてきてストレスを感じるかもしれません。

そんな時、医療脱毛・サロン脱毛などでムダ毛処理をして綺麗にしておくと、どんなファッションでも自信を持って楽しめるようになるのでおすすめです。

そこで今回は、背中脱毛の回数や料金、後悔しないクリニック・サロンの選び方について紹介していきます。背中脱毛を検討している方はぜひ最後まで目を通してみてください。

目次

背中のムダ毛の処理方法

背中のムダ毛の処理方法

背中・うなじのムダ毛の処理方法には、いくつかの種類があります。

それぞれ、効果・痛み・料金・メリット・デメリットが異なり、背中のムダ毛処理に向いているものと向いていないものがあるので注意が必要です。

サロン脱毛

サロン脱毛は、痛みを感じにくい脱毛として人気の方法です。

自分で行うのではなく、エステサロンに行って光(フラッシュ)脱毛という施術を受けることになります。

背中だけの脱毛なら1回あたり数千円で受けることができ、医療脱毛と比べて比較的料金が安いので通いやすいです。

また、サロン脱毛では痛みを感じにくく、ジェルを使用する機械の場合は保湿効果の実感も期待できます。

脱毛前には事前のシェービング処理が必須でサロンによっては有料のこともありますが、多くのサロンでは背中のシェービングは無料であることが多いです。(自分で行うのが難しい部位のため)

ただし、サロン脱毛はレーザーの出力が低く、目的はあくまで「制毛」「抑毛」です。

効果の実感までに時間がかかること、永久脱毛ではないことを理解した上で利用するようにしましょう。

医療脱毛

医療脱毛もサロン脱毛同様施術を受けますが、行うのはサロンではなく皮膚科、脱毛専門クリニックなどの資格者が在籍する医療機関のみとなります。

医療脱毛では発毛組織の破壊を目的とし、パワーが大きい医療レーザーを使用します。

永久脱毛として認められているため、通い続けるのが嫌な方、より早く効果を実感したい方に向いている脱毛方法です。

サロン脱毛と比べると痛みを感じやすいのがデメリットですが、最近は痛みを感じにくい脱毛機を扱うクリニックが増えています。

また、クリニックは医療機関であることから、麻酔の使用が可能です。

背中は効果実感までに時間がかかる部位なので、どうしても痛みが苦手、というケースを除き、基本的には医療レーザーを扱う医療脱毛を選ぶと後悔が少なくなります

除毛クリーム

除毛クリームは、ドラッグストアやネット通販で購入できる除毛クリームを使用して自身で処理する方法です。

脱毛ではなくあくまで除毛となり、肌表面から出ている毛を溶かして処理します。一般的に、肌の上に塗って一定時間置き、その後ティッシュペーパーなどで拭き取る方法を取ります。

手軽に購入できて自宅で行えるのがメリットですが、頻繁に使うと薬剤により肌を傷めたり、背中は自分で全体を塗るのは難しいので、使える部位は手足など自分でクリームを塗れる部位に限られるのがデメリットです。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器
手足など自分の手が届く範囲は施術しやすい

家庭用脱毛器はサロンやインターネット通販経由にて、数万円ほどで購入が可能です。人気の機械には「ケノン」や「トリア」などがあります。

サロンで行う光脱毛のパワーをもっと弱めたようなイメージで、痛みは非常に少ないです。

また、家庭用と言えば「脱毛ローラー」も人気です。こちらは毛を挟んで引き抜く方法で、痛みが強いものとなります。

一度購入すれば自宅で好きなタイミングで使用できるのが良い点ですが、除毛クリームと同様に自分の手が届かない部位は脱毛が難しい点がデメリットです。

背中脱毛におすすめの脱毛方法は?

背中脱毛におすすめの脱毛方法は、やはりサロン脱毛or医療脱毛です。背中は自分で完璧に処理するのが難しいため、他人に処理してもらうのが確実です。

届く範囲で処理できれば十分な方や、自宅で家族に施術してもらえる方は良いかもしれませんが、そうでない方はサロン脱毛か医療脱毛のどちらかから選んでみましょう。

背中脱毛は自分で行うのは難しいので、他の人に処理してもらうのが確実。サロンやクリニックでシェービングから脱毛施術まで受けるのが良い。

背中・うなじ脱毛に必要な回数・期間

背中〜うなじにかけての脱毛に必要な回数と期間をまとめました。

ここでの目安となる回数や期間については、8〜9割以上・自己処理がほとんどいらなくなる状態をゴールとしています。

※もともと毛が少なめの人や薄い人はこの限りではなく、数回少なくても効果を実感できる場合があります。

サロン脱毛では15〜20回以上、医療脱毛では5〜8回程度

背中脱毛が完了する回数・期間はサロン脱毛と医療脱毛で大きく異なります。

サロン脱毛では少なくとも15〜20回以上医療脱毛では5〜8回程度が目安です。背中は手足などよりも産毛が多く、他の部位より回数がかかる傾向にあります。

効果を実感しやすい医療脱毛でも、背中の産毛が多い人や毛量が多い方では8〜10回行った方が良い場合もあります。

サロン脱毛では2〜3年以上、医療脱毛では1〜2年

サロン脱毛は一回あたりの肌への負担が少なかったり、毛周期に関係なく光を当てたりするので、照射の間隔は2週間〜1ヶ月(サロンにより2〜3ヶ月ごと)となります。

一方、医療脱毛では3〜4ヶ月ごとの頻度で通うケースが多いです。

期間の目安としては、サロン脱毛では約2〜3年医療脱毛では1〜2年程度を見ておきましょう。

背中の産毛は完璧に脱毛するまで時間がかかる

背中は広範囲なだけでなく、太く濃い毛よりは産毛のような薄い毛が生えている人が多いと思われます。

背中やお腹、二の腕のように、細くて薄い毛の方が早く脱毛できるようなイメージを持つかもしれませんが、産毛はメラニン色素が少なく光やレーザーが反応しにくいので、照射回数を多く重ねる必要があります。

産毛を脱毛するためには、光・レーザーの出力を上げるか、メラニン色素に関係なく脱毛できる「蓄熱式脱毛器」(サロンの場合はSHR脱毛・THR脱毛)を採用しているサロン・クリニックを選ぶのが良いでしょう。

(サロンでは他にSSC脱毛やIPL脱毛があります)

産毛のケア方法・脱毛に関してより詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

背中脱毛の料金相場

背中脱毛の料金相場
背中だけも全身脱毛もあまり料金は変わらない

背中だけの脱毛と、背中を含めた全身脱毛を行った場合の料金相場をまとめました(回数はお手入れがほぼいらなくなる程度に設定したときの料金相場となります)。

脱毛の種類背中のみの脱毛背中を含めた全身脱毛
サロン脱毛100,000
〜150,000円
200,000
〜300,000円
医療脱毛100,000
〜200,000円
200,000
〜400,000円

見ていただいてわかるように、サロン脱毛も医療脱毛もそこまで料金の違いはありません。

背中のみの脱毛では、サロン脱毛は回数がかかるため15回程度、医療脱毛では8回程度を目安として料金相場を出しています。

背中脱毛か全身脱毛かという点では、背中脱毛だけを行うよりも、背中を含めた全身脱毛を行う方がより多くの部位を脱毛でき、全体的に割安に済むというメリットがあります。

また、サロン脱毛と医療脱毛の全身脱毛の料金相場は似ていますが、多くのサロン脱毛では全身脱毛プランに顔とVIOを含んでいることが多く、医療脱毛では顔とVIOを付けるか選べるようになっています。

上記の全身脱毛の料金相場は、サロン脱毛では顔とVIOを含んでいるもの、医療脱毛では顔とVIOは含まれていないものと考えてください。

効果が実感しやすい医療脱毛で顔とVIOを含めた場合は、300,000〜400,000円が料金相場となります。

背中のみの脱毛だと割高になるので、特にこだわりがなければ背中を含む全身脱毛プランの選択がおすすめ。サロンの全身脱毛は顔とVIOを含むプラン、医療の全身脱毛では顔とVIOを含まないプラン(付けるか選べる)が多い。

背中脱毛でサロン・クリニックを選ぶ時のポイント

背中の脱毛を考えている方がサロンやクリニックを選ぶ時の大事なポイントを紹介します。

シェービング料金に注意

背中脱毛のシェービング料金に注意

脱毛前にはシェービングが必須となりますが、背中はご自身でシェービングを行うのが難しい部位です。

多くのサロン・クリニックでは、背中・うなじ・ヒップ・Oラインなど自分で手の届かない範囲のシェービングを行ってくれますが、中には全身しっかりシェービングしてくることが求められることも。

その場合は、家族に手伝ってもらったりして対処することになります。

シェービングがきちんと行えていない時には、その部分は施術不可となったり、一部位1,000〜3,000円程度のシェービング料金がかかることがあるので、事前に確認しましょう。

背中脱毛(もしくは全身脱毛)を受けるなら、剃り残しのシェービングが無料 or 背中やうなじのシェービングサービスがあるサロン・クリニックを選ぶのがおすすめ。

背中脱毛の痛みは少ない

背中は、脱毛施術の痛みは強くありません。皮膚が薄い・色素沈着しやすい・骨に近い部位は痛みを感じやすいですが、背中はこれには当てはまらず痛みは少なくなっています。

ただ、やはり医療脱毛よりもサロン脱毛の方が痛みが少なく、肌への刺激は少ないです。

効果を優先する方は医療脱毛、痛みの少なさを優先する方はサロン脱毛を選ぶようにしてください。

背中脱毛の場合痛みの心配はあまりない。ただ痛みは極力少ない方が良いという方はサロン脱毛を選ぶべき。一方効果重視で少ない回数で終わらせたい方は医療脱毛が合っている。

産毛への効果を確認する

産毛には蓄熱式脱毛が効果的

これまでも何度か触れてきましたが、産毛は脱毛効果を出しにくい毛です。

そのため、出力を徐々に上げてもらえるか、もしくはメラニン色素に反応しない蓄熱式(SHR脱毛・THR脱毛方式)の脱毛を行っているか、この2点を確認した方が良いです。

熱破壊式(ショット式)の脱毛では、メラニン色素に反応して毛根組織を破壊する分痛みは強いですが、効果が早いです。

しかし、効果の高い熱破壊式でも、産毛の脱毛の際はより出力を上げて対応する必要があります。

痛みをあまり感じず、でも産毛を減らしていきたいという方には、医療レーザー脱毛なら蓄熱式、サロン脱毛ならSHR脱毛 or THR脱毛方式がおすすめです。

具体的に評判・口コミの良いところでは、医療脱毛なら熱破壊式と蓄熱式を部位・肌質・毛質により使い分けてくれるエミナルクリニック、サロン脱毛ならSHR脱毛を採用しているストラッシュ、THR脱毛を採用している恋肌があります。

産毛を脱毛したいなら、熱破壊式で出力を上げるか、蓄熱式で徐々に減らしていくのが◎。サロン脱毛ならSHR脱毛・THR脱毛方式を採用しているところが良い。テスト照射や体験を受けるのもおすすめ。

背中脱毛・うなじ脱毛の注意点

背中〜うなじにかけて脱毛を行うときの注意点が2つあるので、解説していきます。

脱毛が完了するまで時間がかかる

背中は、広範囲であること・産毛が多いことから、脱毛が完了するまで回数と時間がかかります。

全体的に薄くする程度なら1年程度でも十分かもしれませんが、ほとんど毛が生えていない状態か産毛が見えないくらいまで脱毛したいなら、少なくとも2年以上は見た方が良いでしょう。

一時的に硬毛化する恐れがある

脱毛のリスクの一つに、硬毛化・増毛化があります。

文字通り、硬毛化=脱毛後に毛が太くなって生えてくること増毛化=脱毛後に毛が以前よりも増えることを意味します。

一般的に硬毛化・増毛化は、産毛が多い二の腕・背中・顔で起こりにくいとされているため、背中脱毛でもこのリスクはあります。

ただし、起きる可能性は低く、もしも起きてしまっても出力を上げて再照射したりレーザーの種類を変えれば改善されるため、そこまで心配する必要はありません。

こういったリスクがあることだけ、念のため覚えておいてくださいね。

背中の脱毛でよくある疑問・質問

最後に、背中の脱毛でよくある質問を、皮膚科専門医の藤井あさ美先生にお答えいただきました。脱毛して後悔しないよう、痛みなどについて必ずチェックしておいてくださいね。

皮膚科専門医に聞きました
皮膚科医 藤井先生
皮膚科医 あさ美先生

皮膚科専門医 藤井 あさ美先生

資格日本皮膚科学会皮膚科専門医、医学博士
所属日本皮膚科学会/日本乾癬学会/日本レーザー医学会/日本アレルギー学会

どの程度の痛みがあるの?

皮膚科医 あさ美先生

背中脱毛では、痛みよりもくすぐったさが気になる方が多いのではないかと思います。

サロンか医療か、また使っている機械にもよりますが、医療の熱破壊式脱毛ではバシッという刺激とともにレーザーの熱さを少し感じます。(同時に冷却機能が働いて痛みを軽減します)

医療の蓄熱式脱毛やサロン脱毛では、じんわりとしたあたたかさを感じる程度で、強い痛みを感じることはあまりありません。部位によっては熱さを感じることがあります。

汗の量が多くなった気がするんだけど…

皮膚科医 あさ美先生

背中を脱毛することで汗が多くなることはありませんが、今まで毛が受け止めていた汗が肌を直接伝うようになるので、それにより汗が増えたと感じることがあります。

脱毛により汗の量が増えることはございません。ただし、脱毛をしたことによって汗を感じやすくなる場合があります。

引用:脱毛Q&A|ジェイエステティック

背中ニキビにも効果はある?

皮膚科医 あさ美先生

毛がなくなって清潔になったり自己処理の回数が減るため、肌がきめ細かくなっていくと同時にニキビの減少にも効果が期待できます。

背中の肌荒れの原因は、ストレスやお肌の乾燥、皮脂の過剰分泌など様々。皮脂腺が多く汗もかきやすいため、蒸れたりニキビができやすい部位でもあります。背中は体の中でも毛穴が多い部分なので、細くて薄い産毛がたくさん生えています。ムダ毛があると汚れが溜まりやすく、さらに雑菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。

引用:背中脱毛!脱毛しながら背中ニキビ改善

まとめ

背中脱毛の回数・料金相場・サロンやクリニックの選び方について最後にまとめます。

  • 背中のムダ毛処理でおすすめなのはサロン脱毛・医療脱毛
  • サロン脱毛では15〜20回以上、医療脱毛では5〜8回程度
  • 背中だけよりも全身脱毛の方が割安に済む
  • シェービング代などの追加料金に注意する

自分からは普段見えませんが、背中やうなじが綺麗だと後ろ姿が美しくなり、どんなファッションも着こなせるようになります。

背中脱毛を行う際には、以上のことに注意してムダ毛処理・脱毛を行ってくださいね。

背中の脱毛を検討中の方の参考になれば幸いです。

以上


この記事を書いた医師

内科総合クリニック人形町院長 藤田医師
Dr. 藤田 英理

内科総合クリニック人形町 院長
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
東京大学医学部保健学科および横浜市立大学医学部を卒業
東京大学付属病院や虎の門病院等を経て2019年11月に当院を開業
最寄駅:東京地下鉄 人形町および水天宮前(各徒歩3分)

目次
閉じる