帯状疱疹ワクチンご希望の方はお電話にてご予約下さい

医療脱毛と美容脱毛どっちがいい?効果や値段の違いを比較・併用や乗り換えの注意点も解説

院長 藤田

こんにちは。内科総合クリニック人形町 院長の藤田です。

脱毛を受けたいと思ったとき、「医療脱毛と美容脱毛のどちらを受けるべきなのか」と悩まれる方も多いですよね。

医療脱毛と美容脱毛は目的も手法も異なる脱毛方法のため、安易に選ぶと満足な結果が得られずに後悔してしまう可能性があります。

ただ、「医療脱毛」と「美容脱毛」の違いがいまいち分からないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、医療脱毛と美容脱毛の効果の違いをはじめ、脱毛方法進め方の違い値段の違いを解説しました。

それぞれのメリット・デメリット医療脱毛と美容脱毛の併用乗り換えの際の注意点も紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

この記事の執筆者

内科総合クリニック人形町 院長 藤田 英理(総合内科専門医)

藤田 英理 内科総合クリニック人形町 院長

東京大学医学部保健学科、横浜市立大学医学部を卒業。虎の門病院、稲城市立病院、JCHO東京高輪病院への勤務を経て内科総合クリニック人形町を開院。総合内科専門医。AGA治療や生活習慣病指導も行う。

所属:日本内科学会日本動脈硬化学会日本頭痛学会

この記事の監修者

皮膚科医 藤井先生

藤井 あさ美 日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

医学博士。日本皮膚科学会皮膚科専門医。愛媛大学医学部卒業後、大阪大学医学部皮膚科入局。退役軍人病院(ロサンゼルス)皮膚科、岐阜大学医学部付属病院皮膚科を経て現職(目白通り皮膚科院長)。

所属:日本レーザー医学会日本皮膚科学会日本乾癬学会日本アレルギー学会

執筆者・監修者一覧ページ

目次

医療脱毛と美容脱毛の違いを比較

院長 藤田

下記に「医療脱毛」「美容脱毛」それぞれの特徴や目的をまとめました。

医療脱毛美容脱毛
特徴毛を作る細胞を熱破壊する医療行為。レーザー脱毛とも呼ばれる。化粧品や機器等を用いて、皮膚を美化する行為。エステ脱毛・光脱毛とも呼ばれる。
仕組み毛根・毛乳頭・バルジ領域を破壊し、毛が生えてこないようにする。毛根・毛乳頭・バルジ領域にダメージを与え弱らせて、毛の成長を阻害する。毛を弱らせて、生えにくくする。
永久脱毛の可否永久脱毛を目指せる。1度破壊された毛穴からは、毛は元通りに再生しない。永久脱毛はできない。
脱毛効果を維持するには継続して施術を行う必要がある。
行える場所医療機関でしか行えない。(医師法17条により決められている)脱毛サロンやエステサロンにて、無資格者でも行える。
目的毛を作る毛乳頭、毛母細胞、バルジ領域等を破壊する永久脱毛を目的としている。ムダ毛の一時的は抑毛・制毛を目的としている。
医療脱毛と美容脱毛の違い

以上を踏まえて、医療脱毛と美容脱毛の具体的な違いを見ていきましょう。

脱毛効果の違い

医療脱毛
美容脱毛
  • 脱毛効果が実感しやすく、永久脱毛を目指せる方法です。
  • 長期間にわたって照射を繰り返せば毛は目立たなくなりますが、永久脱毛はできません。

医療脱毛は毛を作る毛根、毛乳頭、バルジ領域をレーザーによる熱で破壊し脱毛します。

一度脱毛が完了した毛穴からは、毛が元通りに再生しません。つまり、医療脱毛は永久脱毛が可能な脱毛方法です。

一方、美容脱毛は毛根、毛乳頭、バルジ領域を破壊するのではなく、弱らせて毛の成長を阻害し制毛・抑毛します。

時間をかけて繰り返し照射を受ければ毛はある程度目立たなくなりますが、完全に毛が生えてこなくなるわけではありません。

また、美容脱毛では毛を作る組織は生きているため、脱毛に通わなくなると毛が再生する、元通りに生えてくる可能性が高い脱毛方法です。

使用する脱毛機器の違い

医療脱毛
美容脱毛
  • 大きいパワーが出せるレーザー脱毛機器を使用します。
  • レーザー機器よりもパワーが小さい光脱毛機器を使用します。

医療脱毛と美容脱毛では、脱毛に使用する機器が異なります。

医療脱毛では毛根、毛乳頭、バルジ領域を破壊するために、高出力のレーザーを搭載した機器を使用する必要があります。

現在の医療脱毛では、「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ヤグレーザー」の3種類のレーザーを単体、または複数搭載した脱毛機器を使用しています。

医療脱毛で使用する脱毛機器の種類

アレキサンドライトレーザー日本人の肌と相性がいいレーザー。黒く濃い毛が得意。
ダイオードレーザー痛みと効果のバランスの良いレーザーで、日焼けした肌や産毛にも対応できる。
ヤグレーザー根深く頑固な毛が得意。日焼けした肌や産毛にも対応できる。

一方、美容脱毛ではレーザー脱毛機器よりも出力の小さい光脱毛機器を使用します。

光脱毛機には「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR脱毛」など複数の方式があり、それぞれ毛へのアプローチ方法が異なります。

医療脱毛より出力は小さいものの、肌にやさしく、美容効果を持つ点が医療脱毛機器との大きな違いです。

美容脱毛で使用する脱毛機器の種類

IPL脱毛方式メラニン色素に反応する光を当てて毛穴にダメージを与える。IPLは美肌治療にも用いられるため、脱毛だけでなく美肌効果も期待できる。
SSC脱毛方式抑毛効果のあるジェルを塗布し、特殊なライトを当ててジェルを肌内部に浸透させる。お肌への負担が少ない脱毛方式。ジェルに美容成分が含まれるものもある。
SHR脱毛方式毛根や毛乳頭ではなくバルジ領域にダメージを与える。IPL脱毛方式よりも痛みや肌への負担が少ない。

脱毛時の痛みの違い

医療脱毛
美容脱毛
  • 大きいパワーが出せるレーザー脱毛機器を使用するため、美容脱毛よりも痛みは強い。
  • レーザー機器よりもパワーが小さい光脱毛機器を使用するため、医療脱毛よりも痛みを感じにくい。

必ずしも痛みの強さと脱毛効果が比例するわけではありませんが、医療脱毛の方が出力の大きい機器を使用しているため痛みは感じやすいです。

ただ、医療脱毛でも蓄熱式脱毛機器や麻酔を使用すれば、ある程度痛みを和らげられます。

美容脱毛でも痛みを感じる方はもちろんいるのですが、美容脱毛の場合は麻酔が使用できません(医療機関ではないため)。

美容脱毛の中では、SSC脱毛方式とSHR脱毛方式は痛みを感じにくいとされています。

通える間隔の違い

医療脱毛
美容脱毛
  • 毛周期に合わせた2~4ケ月間隔での通院が推奨されています。
  • 医療脱毛と同じく、毛周期に合わせての通院が望ましいですが、2週間間隔で通えるサロンもあります。

医療脱毛・美容脱毛に関わらず、レーザーや光を用いた脱毛は毛周期に沿っての通所が基本です。そのため、多くのクリニックやサロンでは2~4ヵ月間隔での脱毛が推奨されています。

医療脱毛は出力が高いため、お肌への負担を考慮し、しっかりと回復させる目的も兼ね、数か月の期間を空けるようにしています。

対して、美容脱毛はお肌への負担が少ないため、必ずしも数か月の間隔を空けて肌を休める必要はありません。そこで、一部のサロンでは「2週間の間隔を空ければ次の予約が可能」としているところもあります。

ただし、効果的に脱毛をしたいのであれば毛周期に沿っての脱毛が基本です。短い間隔で通えるからといって早く理想の仕上がりになれるわけではありません。

推奨よりも短い間隔での照射は、ムダ打ちになりかねない点を心得ておきましょう。

脱毛にかかる期間の違い

医療脱毛
美容脱毛
  • ムダ毛のお手入れがラクになるまでには5回程度の通院が必要です。
  • ムダ毛のお手入れがラクになるまでには、12回~24回程度の通所が必要です。

自分がどの程度まで脱毛したいかによってかかる期間は変わってきますが、同じゴールを目指すのであれば医療脱毛の方が早く到達できます

具体的に「毛が目立たなくなりお手入れが楽になる程度(全体の60%~70%の毛が無くなる程度)」を目安に、それぞれかかる期間を医療脱毛と美容脱毛で比較しました。

医療脱毛毛が目立たなくなりお手入れが楽になるまでは5回程度が目安。毛周期に沿って3~4ヵ月間隔で通うとすれば、脱毛完了までは約1年~1年半程度かかる。
美容脱毛毛が目立たなくなりお手入れが楽になるまでは12回~24回程度が目安。毛周期に沿って3~4ヵ月間隔で通うとすれば、最低でも3年かかる(実際にはもう少し短い間隔で通う方が多いようですが、2ヵ月間隔でも2年~4年かかります)。

値段が安いのはどっち?

美容脱毛は100円でスタートできるところもあるため安い料金で始められますが、毛を完全に無くす(目立ちにくくする)のを目的にしているのであれば、医療脱毛の方が総額が安くなる場合が多いです。

美容脱毛はもともとメンテナンスを目的としている方や、永久脱毛ではなくある程度毛が目立たなくなればいいという方、とにかく少額で脱毛を始めたい方に向いている脱毛方法です。

永久脱毛を目的とされている方は、美容脱毛を24回通うよりも医療脱毛に5回通うほうが安いですし、そもそも美容脱毛では永久脱毛は叶いません。

また、完璧なツルツル肌を目指したい場合は美容脱毛の場合では24回通っても足りない場合があります。

院長 藤田

医療脱毛は高いというイメージが強いですが、最近では美容脱毛とさほど変わらない料金で施術を受けられるところも増えています。

ここは医療脱毛?美容脱毛?見分け方

医療脱毛と美容脱毛の見分け方は、下記の2点を確認しましょう。

  1. 脱毛が行われる場所
  2. 使用される脱毛機器
①脱毛が行われる場所医療脱毛は法律によって医療行為に該当されており、医療脱毛は医療機関のみで受けられます。脱毛サロンやエステサロンでは医療脱毛を受けられません。美容脱毛は、医療機関、脱毛サロン、エステサロンいずれでも施術が可能です。
②使用される脱毛機器医療脱毛ではレーザー脱毛機器を使用し、美容脱毛では光脱毛機器を使用します。ただし、一部の医療機関では、脱毛施術に光脱毛機器を使用する場合があります※。

※医療機関で行う光脱毛とは…医療IPL脱毛といって美肌j効果を得ながら、発毛を抑制していく施術があります。

医療機関では医療機関と美容脱毛が可能。脱毛サロンやエステでは美容脱毛のみ可能。医療機関で医療脱毛を受けたい場合には、レーザー脱毛機器を使用しているかの確認がそれぞれを見分けるポイントです。

具体的なクリニック名・サロン名は下記のとおりです。

医療脱毛
美容脱毛
  • レジーナクリニック
  • リゼクリニック
  • DMTC美容皮膚科
  • アリシアクリニック
  • 湘南美容クリニック
  • 品川美容外科
  • フレイアクリニック
  • エミナルクリニック 等
  • 銀座カラー
  • キレイモ
  • ストラッシュ
  • ミュゼプラチナム
  • ジェイエステティック
  • シースリー
  • 恋肌
  • TBC 等

美容脱毛から医療脱毛への乗り換え注意点

美容脱毛は一時的な制毛・抑毛を目的とし、永久脱毛はできません。

そのため、「やはり永久脱毛がしたい」「思うような効果を得られなかった」という理由から、美容脱毛から医療脱毛へ乗り換えられる方も少なくありません。

院長 藤田

美容脱毛から医療脱毛に乗り換える際には、次のポイントに注意しましょう。

これまでの脱毛経験はカウンセリングで正確に申告する

美容脱毛での脱毛歴は、必ず医療脱毛のカウンセリングで申告しましょう

今までの脱毛歴を医師や看護師が把握できなければ、今後の医療脱毛の施術がスムーズに進みません。

これまでの脱毛歴はカウンセリング時に記載欄があるクリニックがほとんどですので、来院前には美容脱毛をいつから始めて、何回通ったのかをまとめておくと良いでしょう。

乗り換え割があるクリニックではより安くなる

他店から乗り換えて脱毛契約をする場合、「乗り換え割」のあるクリニックでは脱毛料金が値引きされます

乗り換え割を申し込む際には以前利用していた脱毛店の会員証や領収証など、利用の有無が分かる書類の提出を求められる必要があるため、保管しておきましょう。

契約回数は未経験者より少なくて良い?

美容脱毛は毛穴を破壊する脱毛ではないため、ほとんどの場合では未経験者と変わらない回数が必要です

ただし、美容脱毛で薄くなった毛は医療脱毛のレーザーが反応しづらくなっているため、未経験者より回数がかかるケースもあります。

どれくらい美容脱毛によって脱毛が進んでいるか、自身の今の毛や肌の状態、脱毛したい部位、どれくらいの仕上がりで満足できるかにより必要回数は変わるため、具体的な回数についてはカウンセリング時に相談し決める形となります。

同時に両方併用しても良いの?交互に通ってOK?

医療脱毛と美容脱毛の併用は不可能ではありませんが、それぞれの脱毛のタイミングやスケジュールの管理が難しいため、基本的にはおすすめしません。

これは医療脱毛と美容脱毛とを交互に通う場合も同様です。

ただし、顔やVIOは痛みを感じやすい部位ですので、痛みが苦手な方は「顔とVIO以外の全身脱毛は医療脱毛に通い、顔とVIOは美容脱毛に通う」といったように、部位によって医療脱毛と美容脱毛を通い分ける方法があります。

院長 藤田

同じ部位を美容脱毛と医療脱毛、同時に併用しての脱毛は避けるようにしましょう

医療脱毛と美容脱毛のメリット・デメリットまとめ

ここまでの内容を踏まえまして、医療脱毛と美容脱毛のメリットとデメリットをまとめます。

医療脱毛のメリットとデメリット

◯メリット✕デメリット
永久脱毛ができる
効果を実感しやすい
通う期間が短く済む
麻酔が使用できる
肌トラブル時に診察・治療が可能
痛みが強い
肌トラブルのリスクがある

医療脱毛のメリットは、やはり効果が実感しやすい点です。通う期間も短期間で済むため、できるだけ早くムダ毛を無くしたい方は医療脱毛が向いています。

痛みが強いデメリットがありますが、麻酔を使用できるため、「通い続けられないほど痛い」といった心配はあまり必要ありません。

美容脱毛のメリットとデメリット

◯メリット✕デメリット
肌への負担が少ない
痛みが少ない
低料金で始められる
美容効果も得られる
永久脱毛はできない
継続的に通う必要がある
通う期間が長い
肌トラブル時に診察・治療はできない

美容脱毛は、数百円でスタートできる気軽さがメリットです。美肌効果も同時に得られる点や、痛みを感じにくい点も魅力です。

ただし永久脱毛はできず、通い続ける必要がある点を理解した上で利用するようにしたいです。

医療脱毛と美容脱毛、結局どっちがいい?

さいごに、どういった方がそれぞれの脱毛に向いているのかをまとめました。

美容脱毛が向いている人

  • 永久脱毛は求めていない
  • もともとの毛が薄い
  • 敏感肌
  • ものすごく痛みに弱い
  • 脱毛への恐怖心が強い
  • とにかく低料金で脱毛をはじめたい

もともとあまり毛が薄くなく、エステ感覚で脱毛をはじめてみたいという方は、光脱毛による脱毛でも満足できるかと思います。

また、医療脱毛に抵抗がある、痛みが怖いという方は、まずは比較的パワーがやさしく肌への負担や痛みが少ない美容脱毛から挑戦してみるのもひとつの方法です。

美容脱毛は部位脱毛であれば数百円からはじめられるところもありますので、キャンペーンを上手く利用して気軽に挑戦できるのもメリットです。

医療脱毛が向いている人

  • 永久脱毛を目的としている
  • 脱毛効果が実感しやすい方が良い
  • 毛が濃い、剛毛の方
  • 通う期間が短い方が良い

医療脱毛と美容脱毛の決定的な違いは永久脱毛ができるか否かです。永久脱毛がしたいのであれば必ず医療脱毛を選びましょう。

医療脱毛は痛みや料金の高さがデメリットとして挙げられますが、近年では痛みを感じにくい機器が登場していますし、医療機関での施術のため施設によっては麻酔を使用できます。

一見高額に見えはしますが、美容脱毛よりも少ない回数で満足できる仕上がりになる場合が多く、総額としてはさほど変わらないか、医療脱毛の方が低料金になるケースも増えています。

院長 藤田

ものすごく敏感肌な方や痛みに弱い方は美容脱毛の方が向いていますが、高い脱毛効果を得たいのであれば、まずは医療脱毛の検討をおすすめします。

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次