【安い青汁一覧(価格順)】おすすめは?

院長 藤田

おはようございます。総合内科専門医の藤田です。

青汁は健康維持のサポート、栄養摂取の補助として毎日飲むことが推奨されています。毎日飲む習慣を身に付けることで、特に有効性や効果が謳われている青汁商品では、数値や体感で変化を実感できる可能性も高まります。

そんな青汁ですが、実際に毎日飲むことを考えると、

『できるだけ毎月の出費(コスト)を減らしたい。』
『安くても高い効果が期待できる青汁がいい。』
『何を基準にすれば、安くて安全な青汁が選べるのか知りたい。』

こういった想いや考えが出てくるでしょう。

このページではそんな方のために、安い青汁について徹底的に調査し解説しています。安い青汁と高い青汁の違いや青汁の平均価格、タイプ別・目的別の安い青汁を紹介しています。

目次

安い青汁と高い青汁の違いはどこにある?

今や青汁は本当に沢山の商品が発売されているので、価格の幅がかなり広いのですが、安い青汁と高い青汁には概ね以下の違いがあります。

  • 効果・機能性
  • 原産国
  • 栄養成分

これらについて詳しく解説します。

効果・機能性の違い

安い青汁より値段が高い青汁の方が期待できる効果・機能性が高い傾向があります。効果が期待できる、機能性が高い食品は保健機能食品と呼ばれ、以下の3種類に分類できます。

食品の分類(特定保健用食品・機能性表示食品・栄養機能食品)
一般食品と保険機能食品【特定保健用食品(トクホ)・機能性表示食品・栄養機能食品】の違い

青汁商品においては、最も厳しい審査を受けて表示が許可された特定保健用食品(トクホ)が最も価格が高く、化学的根拠に基づいた評価と届出を行った機能性表示食品、そして国の定めた規格基準に適合した栄養機能食品の順に価格が安くなる傾向にあります。

補足として、保健機能食品以外では「栄養補助食品」「健康補助食品」「栄養調整食品」と呼ばれるものがありますが、その食品のもつ機能や効果を表示することは出来ないとされています。※1

原産国の違い

日本で販売されている青汁商品の原料となる葉の産地には、主に日本と中国があります。

価格の傾向をみると、やはり国産の青汁は高く中国産の青汁は安いということが見て取れます。中国産が安い理由としては、原料の単価や人件費などの製造コストの違いがあります。

安い中国産青汁ベスト5を見る

中国産の青汁はコスト面では魅力的ですが、安全性・信頼性の面から見ると、いち消費者としてはなるべく避けたいというのが本音ではないでしょうか。

過去に青汁の原材料として使われる事が多いケールをはじめとした中国産野菜から、安全基準値を上回る残留農薬(殺虫剤)が検出されたという厚生労働省の検査結果※2なども確認できます。

昨今のニュースでも見聞きする、残留農薬や大気汚染物質などによる中国産野菜への悪い印象からくる中国産食品への安全性への疑問は、中国原産を使用している青汁商品には当てはまる事ではないかもしれませんが、本音を言うとやはり不安です。

院長 藤田

まれにですが原産国表示のない青汁商品がありますが、このような信頼性に欠ける安全性の低い商品は避けるべきです。

栄養成分の違い

栄養成分が豊富に含まれる青汁は価格が高い傾向にあります。実は、ほとんどの青汁商品は原料を加工する過程で栄養成分が失われてしまいます。

熱でビタミンが破壊されたり、搾汁(さくじゅう)により出た搾りカスは食物繊維が含まれているのですが、これは廃棄してしまいます。

そのような現状の中、美味しさを求めながらもより多くの栄養成分を残そうと、各社独自の加工技術を日々研究開発していますが、より手間とコストがかかるため価格が高くなってしまうのです。

また、青汁商品の多くは製造過程の中でビタミン・ミネラル・葉酸などの食品添加物を加えています。これらの栄養成分の追加にもコストがかかります。

ただ、皆さんはなぜ青汁を飲むのでしょうか?おそらく、野菜不足のサポートとなる栄養成分が豊富な青汁のほうが、多少値段は上がっても、わざわざ毎日摂取する目的に添っているのではないでしょうか。

青汁飲む目的を今一度思い出していただき、安さだけで選ぶのではなく、ぜひ栄養成分の面にも目を向けて商品を選んでいただきたいと思います。

野菜不足サポートNo.1青汁を見る

青汁の平均価格はどのくらい?

粉末タイプ、冷凍タイプ、ジュレタイプ、ドリンク、フリーズドライ、サプリメントなど、最近は本当に色々なタイプの青汁が沢山のメーカーから発売されていますが、これらの平均価格は幾らくらいになるのでしょうか。

そこで今回は、100種類以上の青汁商品の販売価格を調査し、平均価格を算出してみました。

結果、上記の青汁の “タイプ” やトクホ、機能性表示食品などの”食品表示分類”を問わず、100商品すべての青汁商品の1カ月換算の平均価格約4,300円となりました。

タイプ別青汁の平均価格(安い順で一覧)

院長 藤田

青汁はサプリメントタイプが一番安く、冷凍タイプが最も価格帯が高くなります。

タイプ1日あたり1カ月あたり
サプリメント97円2,910円
粉末タイプ132円3,968円
ドリンクタイプ147円4,410円
フリーズドライ227円6,810円
冷凍タイプ230円6,906円

タイプ別の平均価格を調査した結果、冷凍タイプの青汁が最も高く、1カ月日あたり6,810円でした。一番人気のある粉末タイプはサプリメントの次に安いという結果に。青汁にかかる費用は1カ月4,000円というのが相場と考えて良さそうです。

1日あたりの料金が安い青汁を調査(価格順ランキング)

今回、価格調査をしている時に分かったことですが、青汁は商品ごとに内容量や1日の摂取目安量が異なります。ですから、各商品ページに記載しているパッケージ毎の価格だけを見比べても比較したことにはなり得ません。

一見『ワンセット(パック)でこの価格は安い!』と思っても、月額料金に換算してみると実は高かった…ということも起こってしまいます。

そこで今回は、あくまでも商品に表示されている摂取目安量で青汁を飲んだ場合の、1日あたりの料金の安さを基準にして、タイプごとに安い青汁商品を1位~5位として紹介してみたいと思います。

※ 摂取目安量1~2包の場合は、2袋を摂取するとして計算しました。また、1~3包の場合は2包、12~24錠の場合は18錠など、数字に幅がある場合は中間の数字で計算しています。価格は全て税込みとなります。

院長 藤田

以下はあくまで価格の安い順にまとめたものであり、中には栄養成分表示が無い、含有される栄養が乏しい商品もあり、栄養面には考慮しておりません
安いけれど安全性の面からもおすすめできる青汁商品を見る

粉末タイプ

商品名分量/価格1日あたりの価格
国産素材のまろやかな青汁 3g×20包/430円21円
日本の青汁バナナチアシード 2.5g×40包/1,194円26円
乳酸菌青汁 3g×21包/598円28円
日本の青汁 100g/1,150円34円
金の青汁 大麦若葉粉末100%青汁 3g×176パック/3,698円42円
※価格は変更されていることがあります。

冷凍タイプ

商品名分量/価格1日あたりの価格
青汁「十菜」 90cc×28パック/3,822円137円
遠藤青汁 100g×28袋/3,856円138円
搾りたてケール青汁(冷凍) 100g×30袋/4,320円144円
濃縮野菜 国産ケール100% 30g×30袋/4,320円144円
青汁百 100g×30袋/5,022円167円
※価格は変更されていることがあります。

ドリンクタイプ(紙パック・ペットボトル)

商品名分量/価格1日あたりの価格
1日1杯の青汁 無糖PET 900g 900g/495円99円
ごくごく飲める 毎日1杯の青汁
すっきり無糖 紙パック200ml
200ml/110円110円
ごくごく飲める 毎日1杯の青汁
まろやか豆乳ミックス 紙パック200ml
200ml/110円110円
DHC青汁+豆乳 190g×30缶/3,888円130円
ごくごく飲める 毎日1杯の青汁
PET350g
350g/153円153円
※価格は変更されていることがあります。
院長 藤田

1位の株式会社伊藤園の「1日1杯の青汁 無糖PET 900g」は、国産の大麦若葉・ケール・抹茶を使用した機能性表示食品の青汁です。ビタミンCや食物繊維、カリウムが含まれています。

フリーズドライ

商品名分量/価格1日あたりの価格
青汁と21種類の野菜 3.3g×40袋/1,773円89円
ケールの青汁 5g×30袋/5,221円174円
野菜村 ケールフリーズドライ青汁 3g×60袋/5,940円198円
有機フジワラの青汁 3g×30包/3,236円216円
緑王プチヴェール青汁 3g×60袋/6,804円227円
※価格は変更されていることがあります。
院長 藤田

1位の株式会社創健社「ケールの青汁」は、国内産のケールにオリゴ糖やスピルリナ(藻類)をプラスした青汁です。鉄分やβ-カロテンが多く含まれています。

錠剤タイプ(サプリメント)

商品名分量/価格1日あたりの価格
青汁酵素粒 360粒/1,398円8円
青汁粒 720粒/1,400円16円
プレミアム酵素青汁粒DX 150粒/583円19円
大麦若葉粒 270粒/1,400円21円
スタンドパック 青汁粒 300粒/1,380円46円
※価格は変更されていることがあります。
院長 藤田

1位の青汁酵素粒は国産青汁と酵素、低分子コラーゲンやスピルリナ(藻類)を配合した商品です。

番外編:中国産の青汁は安い

商品名分量/価格1日あたりの価格
大麦若葉青汁100% 3g×25包/329円13円
大麦若葉100% 3g×50包/702円14円
大麦若葉青汁100% 2g×100包/259円19円
大麦若葉の青汁 3g×30包/412円27円
国産はちみつ大麦若葉青汁 3g×30包/1,058円35円
※価格は変更されていることがあります。

安いけれど安全性の面からもおすすめできる青汁3選

最後に、安さだけではなく、栄養面で見たときにもおすすめの青汁商品を3つ紹介します。

以下におすすめする青汁は、単純に安いだけではなく、国産原料を使っていたり人工甘味料などの添加物が未使用だったりと、安いけれど安全性の面からもおすすめできる青汁商品になります。

以下の3つの目的別におすすめ青汁を1商品つずつ紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。

目的別・安くても良い青汁
  • お腹の調子を整えたい方
  • 野菜不足のサポートに
  • 美容のサポート
院長 藤田

以下に紹介している青汁商品は、価格面以外にも原材料の産地(国産)や栄養成分表示、保健機能食品であることの有無など、信頼性や栄養面からもおすすめできるものになります。

お腹の調子を整えたい方

カラダ計画「大麦若葉」/ヤクルトヘルスフーズ株式会社
カラダ計画「大麦若葉」/ヤクルトヘルスフーズ株式会社
出典:https://www.yakult-hf.co.jp/
内容量価格(税込)1日/2袋あたりの価格(税込)
5g×603,300円66円

原材料名
大麦若葉エキス末(大麦若葉エキス、水溶性食物繊維、デキストリン)、水溶性食物繊維

栄養成分表示 2袋(10g)あたり

エネルギー15~32kcalたんぱく質0.3~1.1g
脂質0~0.3g糖質1.7~4.0g
食物繊維5.5gナトリウム15~36g
0.2~1.3mgカルシウム6~17mg
マグネシウム2~10mg関与成分5.0g

大分県国東半島と周辺地域との契約している農家で、農薬・化学肥料を使用せず栽培している高品質な大麦若葉を使用しています。

難消化性デキストリンが含まれているので「おなかの調子を整える」効果が期待できます。

院長 藤田

特定保健用食品なのでお腹の調子を整える効果を裏付けるデータがあります。飲みすぎや体質・体調によってはお腹がゆるくなることがますので適量摂取を心がけましょう。

野菜不足のサポートに

ぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス/株式会社えがお
ぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス/株式会社えがお
出典:https://www.241241.jp/
内容量価格(税込)1日/1袋あたりの価格(税込)
4g×313,546円114円

原材料名
桑葉粉末(桑葉(九州産))、還元麦芽糖水飴、麦芽糖、抹茶粉末、乳酸菌粉末(殺菌)、穀物麹、有機ゴーヤ粉末、ほうれん草粉末、有機オーツ麦若葉粉末、有機明日葉粉末、かぼちゃ粉末、にんじん粉末、ボタンボウフウ(長命草)粉末、オクラ粉末、タマネギ粉末、レンコン粉末、ダイコン粉末、トマト粉末、有機はと麦若葉粉末、有機エゴマ葉粉末、金時生姜粉末、レッドビート粉末、ムラサキ芋粉末、ブロッコリースプラウトエキス粉末/ビタミンC、貝カルシウム、酸化マグネシウム、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2

栄養成分表示 1袋(4g)あたり

エネルギー11.0kcalたんぱく質0.37g
脂質0.10g炭水化物3.12g
-糖質2.44g-食物繊維0.68g
食塩相当量0.003gビタミンB11.75mg
ビタミンB21.75mgビタミンB61.82mg
ビタミンC40.0mgビタミンK41.6㎍

原材料になっている桑葉は、栄養素が豊富になる時期に一つ一つ手作業で収穫し、鮮度を保つため新鮮な状態でその日のうちに工場へ運ばれ加工されています。

加工については特許製法である「スチームブランチング」という製法を使い、桑葉の栄養成分を従来よりもより残し、葉のきれいな緑色を保ちます。

院長 藤田

お薬、特にワーファリンを服用中の方や、現在通院中の方で食事制限などの指導を受けている方や治療している方は、かかりつけの医師とご相談の上、利用するようにしましょう。

美容のサポート

ケールdeキレイ/キューサイ株式会社
出典:https://www.kyusai.co.jp/
内容量価格(税込)1日/1袋あたりの価格(税込)
3g×303,780円126円

原材料名
するりんフルーツ
ケール(国産)、マルチトール、デキストリン、有胞子性乳酸菌末、ビフィズス菌末(殺菌)、アップルファイバー、ピーチファイバー、ビフィズス菌末(乳成分を含む)、乳酸菌末(殺菌)/酸味料、香料、甘味料(ステビア)
うるつやレモン
ケール(国産)、コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む)(国内製造)、マルチトール、アセロラ果汁末、レモン果汁末、グレープフルーツ果汁末、ローズヒップ末、カツオエラスチンペプチド/酸味料、香料、甘味料(ステビア)
ぬくぽかジンジャー
ケール(国産)、デキストリン、マルチトール、しょうが末、サンザシエキス末、ヒハツエキス末、はちみつ末、りんご果汁末、ブラックジンジャーエキス末/香料、酸味料、甘味料(ステビア)、シクロデキストリン
美ボディきなこ
きな粉(大豆を含む)(国内製造)、ケール(国産)、アーモンドミルク末(アーモンドを含む)、グルコマンナン/増粘多糖類、甘味料(ステビア)、ビタミンD

栄養成分表示

エネルギー10kcalたんぱく質0.22g
脂質0.06g炭水化物2.4g
-糖質2g-食物繊維0.4g
食塩相当量0.004gビタミンK25㎍
カルシウム16mg葉酸7㎍
■ するりんフルーツ 1本 3g あたり
エネルギー10kcalたんぱく質1.3g
脂質0.05g炭水化物1.4g
-糖質1g-食物繊維0.4g
食塩相当量0.009gビタミンK25㎍
カルシウム19mg葉酸7㎍
■ うるつやレモン 1本 3g あたり
エネルギー10kcalたんぱく質0.24g
脂質0.05g炭水化物2.4g
-糖質2g-食物繊維0.4g
食塩相当量0.004gビタミンK25㎍
カルシウム16mg葉酸7㎍
■ ぬくぽかジンジャー 1本 3g あたり
エネルギー11kcalたんぱく質0.99g
脂質0.4g炭水化物1.2g
-糖質0.4g-食物繊維0.8g
食塩相当量0.013gビタミンK25㎍
カルシウム18mg葉酸10㎍
■ 美ボディきなこ 1本 3g あたり

4種類のフレーバーで、ケール独特の青臭さと苦みを感じさせない工夫がされています。

するりんフルーツには「乳酸菌2種」「ビフィズス菌2種」、うるつやレモンには「コラーゲンペプチド」「カツオエラスチンペプチド」「ローズヒップ末」、ぬくぽかジンジャーには「ブラックジンジャーエキス」「しょうが末2種」「ヒハツエキス」「サンザシエキス」、美ボディきなこには「きな粉」「アーモンドミルク末」というように、それぞれのフレーバーごとに独自の添加物を加えています。

院長 藤田

美ボディきなこの原材料「きな粉」の製造工場では、ゴマを含む製品を製造しています。種類ごとに添加しているものが異なりますので、アレルギー表示を必ず確認しましょう。

青汁は、科学的根拠に基づいた効果効能のある商品や栄養成分が豊富に含まれている商品の方が価格的に高くなる傾向がありますし、品質も良いと言えるでしょう。

とはいえ、安い青汁商品の中にも「機能性表示食品」や「栄養機能食品」のものはありますし、原材料から製造まで国産、そして無添加で安全性が確保されたものもあります。

そして、高くても安くても「原材料」「栄養成分表示」「食品添加物」などは自身でしっかり確認しつつ、予算に合わせて上手な青汁選びをしましょう。

この記事を書いた医師

内科総合クリニック人形町藤田英理院長
Dr. 藤田 英理

内科総合クリニック人形町 院長
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
東京大学医学部保健学科および横浜市立大学医学部を卒業
東京大学付属病院や虎の門病院等を経て2019年11月に当院を開業
最寄駅:東京地下鉄 人形町駅および水天宮前駅(各徒歩3分)

参考文献(References)
※1 食品表示基準(抜粋)(令和2年7月 16 日改正)|農林水産省
※2「中国産野菜検査強化月間」の検査結果について|厚生労働省

目次
閉じる