12月30日~1月8日は休診です。PCR等のWeb予約は年内は12/29まで、年始は1/9以降となります。

団体(組織)でPCR検査を受けるなら動線分離済のクリニックへ

院長 藤田のアイコン画像院長 藤田

おはようございます。内科総合クリニック人形町 院長の藤田(総合内科専門医)です。

当院では、団体様でのPCR検査を受付しております。通常一人あたりのPCR検査費用は税込32,000円ですが、組織単位で検査をご希望の場合、以下の料金になります。

10 – 19人20 – 49人50人以上
1人 29,000円1人 28,000円1人 27,000円
価格は税込み

検査結果の説明はまとめて代表者へメールもしくは電話とさせていただきます。
(PCRの結果陽性の場合に限り、ご本人にもお電話いたします。これはなるべく早くお伝えする必要があるからです)

目次

発熱のあるなしで院内への出入口が別になります

集団でPCR検査をご希望の場合、ほとんどの方が検査時点では無症状のはずです。もし発熱していたら悠長なことは言ってられず、発熱者を真っ先に検査させるはずですので。

従って、予約いただいた時間にお越しいただければ一般患者用の出入口から院内に入っていただき、通常の待合室で待機していただき順番にPCR検査を実施いたします。

ただし、中には検査当日に突然発熱したり体調がすぐれなかったりする場合もあると思いますので、体調不良の方はクリニックに到着されたら院内には入らずに外で一度お電話ください。発熱者専用口から院内にご案内いたしますので。

内科総合クリニック人形町への2つの出入口

発熱者と一般患者のゾーニング(動線分離)を物理的に行えているクリニックは都内でもそれほど数が多くありませんので、100%院内感染しないとは言いませんが、より安全にPCR検査を行えるクリニックであると自負しております。

「だ液」によるPCR検査を行います

当院では、長い綿棒(スワブ)を鼻の奥にまで突っ込んでグリグリする大変評判の悪かった検査法を廃止し、専用の容器に唾液(だえき)を多めの出してもらってフタをし、それを検査機関に回す方式をとっております。

発症から9日以内であれば、新型コロナウイルスは鼻の粘膜よりも唾液の中により多く含まれていることが分かっており、検査の精度面でも唾液によるPCR検査を推奨いたします。

痛みもなく、綿棒の刺激によってくしゃみを誘発することがありませんので院内感染を抑制し、より安全に検査を行うことができます。

鼻ぬぐい液を採取する旧来のPCR検査
唾液PCR検査

どんなに清掃をしても、くしゃみによって飛沫が飛び散ってしまえば、その飛沫が数時間は院内の空間を漂ってしまいます。

そうなると、医師への感染はもとより、次にPCR検査をする人の院内感染リスクが高まってしまいますので、唾液による検査が「より安全」と言えるのです。

10人以上の場合は院外での唾液採取に対応いたします

厳密に10人というわけではありませんが、ある程度まとまった人数でのPCR検査をご希望の場合、代表者にご来院いただいて唾液の採取容器をお渡しし、持ち帰って採取してご持参いただくこともできますので事前にご相談下さい。

当院はゾーニング(動線分離)を徹底している医療機関ではありますが、小さなクリニックですので、10人以上同時に来院された場合、一般患者さんがゼロだったとしても、待合室が三密になってしまいます。

従って、ご連絡担当者様と打ち合わせの末に双方で合意が取れ場合、院外での唾液採取によるPCR検査を実施させていただきます。

団体PCR検査における「結果」の考え方

偽陽性あるいは偽陰性という問題があることはなんとなく聞いたことがあると思いますが、簡単に整理しておきますね。

検査結果が陽性の場合99.9%の高確率でその人は新型コロナに感染しているため隔離が必要
検査結果が陰性の場合7割の確率で陰性であるが3割の確率で「実は陽性」かも知れないので安心できない

「これなんでんねん」って思いますよね。私もそう思います(汗

あくまで「傾向」を見ることが大事

例えば、あなたの会社に101人の社員がいて、そのうちの1人がPCR検査で陽性が出て、

「全員が濃厚接触者だ!残り100人をPCR検査しよう!」

と社長が判断されたとしてます。そして実際に100人に対して検査を実施したとします。10人陽性者が出るかも知れないし40人陽性者が出てしまうかも知れません。

ここで冷静になっていただきたいのは、「PCR検査を実施したら陽性者が出てしまう」という事をあらかじめ理解しておくことです。

例えば、東京都庁に出勤した人を無作為につかまえて検査をしたとします。恐らく、というよりほぼ間違いなく、数人あるいは十数人の陽性者が見つかると思います。検査した都庁の職員全員が無症状であってもです。

また、検査結果が陰性の人の中の3割が実は陽性かも知れないのです。

つまりどういうことかというと、団体で検査する場合は、あくまで「傾向を見てほしい」ということです。こいつがアウトでこいつセーフという魔女狩りをするのではなく、組織全体にどれくらい感染が広がっているかをトップ(社長)が把握して、その後の社としての行動を決めていただきたいのです。

もちろん、陽性と出た人は「ほぼほぼ陽性」ですので、なるはやで隔離する必要がありますし、濃厚接触者は会社を休ませるなどの措置は必要かも知れませんが、そのような個別の決定のために団地で検査を行うのではなく、組織全体がどれくらい深刻かと把握するためのPCR検査だと思ってください。

以上

10 – 19人20 – 49人50人以上
1人 29,000円1人 28,000円1人 27,000円
価格は税込み

検査結果の説明はまとめて後日郵送「のみ」とさせていただきます


この記事を書いた人

内科総合クリニック人形町院長 藤田医師
藤田 英理

内科総合クリニック人形町 院長
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
東京大学医学部保健学科および横浜市立大学医学部を卒業
東京大学付属病院や虎の門病院等を経て2019年11月に当院を開業
最寄駅:東京地下鉄 人形町および水天宮前(各徒歩3分)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる