リアップの特徴と使用時の注意点

この記事に書いてあること
  • リアップの塗り薬を使用していれば、副作用はあまり心配しなくて大丈夫
  • リアップは元々血圧の薬として開発されたが、発毛の副作用があり、薄毛の薬として開発され直した
  • リアップは、ホルモンとして作用する薬以外では、推奨されている唯一の薬である
  • リアップは塗り薬であるため、効果が示されている
AGAでお悩みの方
私は最近髪が薄くなってきたこともあり、髪の毛が薄い時に使える薬を使ってみたいと思っています。 インターネットで「薄毛 治療薬」や「発毛 薬」などと調べると数多くの情報が出てきて、何がどう違うのかやどの情報を信じて良いのかが全く分かりませんでした。 よくテレビCMで見るので、リアップという薬は気になっているのですが、リアップは他の薬とどう違うのかもよく分かりません。 また、インターネットで薬を買ってもどのように使えば良いのかも不安です。

この男性のように、どの薬が良いのかやその薬を使う際にどのようなことに気をつければ良いのかが不安な方は多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、院長の藤田先生に、リアップの特徴や実際に使用する際の注意点について解説してもらいます。

目次

リアップとは一体どのようなもの?

AGAでお悩みの方
テレビでよく聞くリアップという薬は一体どんなものなのですか?
院長 藤田
リアップは発毛薬で、大正製薬という製薬メーカーが出している発毛薬のブランド名です。

リアップの名前は聞いたことがあるけども、他の薬とどのように違うのかがわからないという方も多いと思います。まず、リアップはどんな薬であるかについてです。

リアップは、大正製薬という医薬品メーカーが出している商品の名前で言わばブランドのようなものです。薬としてはミノキシジルが主成分になっています。

このミノキシジルは誕生の経緯がとてもユニークであり、元々発毛目的に開発されたわけではありません。高血圧の薬を開発していたところ、治験が行われた患者さんの副作用として脱毛症を回復させる効果が見つけられました。

最終的に、高血圧の薬としての開発は中止され、発毛薬として開発が継続されました。

日本国内では、大正製薬以外からも様々な商品名で、ミノキシジルは発売されています。

リアップはどのように働いて発毛効果があるの?

リアップ効果

AGAでお悩みの方
リアップについて少し理解できるようになりました。どのように働いて発毛の効果を示すのですか?
院長 藤田
髪の毛の根っこである毛根を包む、毛包と呼ばれる部分に作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛作用を示します。

ミノキシジルは、髪の毛の根っこである毛根を包む、毛包と呼ばれる部分に作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛作用を示します。より細かい働きを以下に記載します。

ミノキシジルの働き
  • 休止期毛包から初期成長期毛包への移行促進
  • 初期成長期毛包から後期成長期毛包への移行促進および維持

では、それぞれを細かく見ていきましょう。

休止期毛包から初期成長期毛包への移行促進

こちらは髪の毛を成長させることができない休止期の毛包に作用することで、成長期の毛包へ移行を促進させ、新しい髪の毛の発毛を促進させる効果があります。

今までになかった髪の毛が生えるため、発毛効果と言えます。

この発毛効果は臨床試験において報告されています。5つの臨床試験を解析した結果では、脱毛部の総毛髪数がヘミノキシジル開始前と比較して、平均で約21本増加したという結果が出ています。

上記の臨床試験において髪の毛が増加しているのは、ミノキシジルの発毛効果によるものだと考えられます。

初期成長期毛包から後期成長期毛包への移行促進および維持

この作用では小さくなった毛包をさらに成長させ、髪の毛の脱落を防ぐ効果と考えられています。わかりやすく言うと抜け毛を少なくするイメージです。

発毛効果の部分でお示しした臨床試験の成績は、発毛+脱毛抑制効果が合わさったものと言えると思います。

このように2つの働き方でリアップは発毛+脱毛抑制効果があると考えられています。

リアップは他の薬とどのように違うの?

リアップ違い

AGAでお悩みの方
リアップの効果についてはわかりました。他にも発毛や育毛という薬はありますが、どのような違いがあるのですか?
院長 藤田
リアップは塗り薬で唯一効果が担保されている薬です。他に有効性が確認されている薬は、ホルモンの内服薬となります。

リアップは日本国内において販売が国により承認されている薬です。他に承認されている薬としてはホルモンの内服薬が主になります。外用薬であるため、飲み薬を使用する場合よりも一般的に副作用は少ないと考えられ、安心して使用することができると思います。

効果についてより詳しく解説しましょう。

ミノキシジルは日本では塗り薬が発売されていますが、海外では内服薬が高血圧の薬として利用されています。
この内服薬のミノキシジルはリアップと大きく異なるもので注意が必要です。

ミノキシジルという薬の発毛・育毛効果は、塗り薬のみで確認されているもので、飲み薬で発毛・育毛効果があるかについては明らかになっていません。

リアップの働き方に関する部分でも記載しましたが、リアップは毛包に働きかけて効果を示します。
飲み薬を飲んでも確かに毛包に届くかもしれませんが、塗り薬で直接塗った方が飲み薬を飲むよりも効果的に薬が効くと思います。

痛み止めを飲むよりも、痛み止めの貼り薬を貼った方が効果を実感できることがありますが、そのイメージです。

脱毛に関しては、皮膚の病気として考えられており、皮膚科の先生が診察することが多いです。
皮膚科の先生たちの集まりの皮膚科学会がありますが、こちらで「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」というものが出されています。

この中で発毛や育毛剤の効果や使い分けに関して解説がされています。

リアップに代表されるミノキシジル外用薬(塗り薬)は、男性型および女性型脱毛症に使用することを強く勧めるとされ、効果があることも解説されています。

リアップはそういう面からも安心して利用することができる薬だと考えられます。

ちなみに、ミノキシジルの内服薬は、服用するべきではないとされていますので、注意が必要です。

リアップ以外に効果があるとされている薬は、フィナステリドやデュタステリドという男性ホルモンと拮抗するホルモンの飲み薬となります。

男性ホルモンが作用しない女性型脱毛に対しては効果がないのもホルモンの薬の特徴です。また、飲み薬のみしかなく、塗り薬はリアップやミノキシジルの塗り薬だけになります。

リアップを使用する時はどのように使用するの?

リアップ使い方

AGAでお悩みの方
リアップと他の薬の違いはよくわかりました。使用する時はどのように使えば良いですか?
院長 藤田
リアップを使用する時は薬についている説明書の通りに使用すれば大丈夫です。説明されている方法以外では使用しないでください。

リアップにも様々な製品が発売されています。

  • リアップX5プラスネオ
  • リアップ
  • リアッププラス
  • リアップジェット
  • リアップEXジェット
  • フレッシュリアップ

それぞれの使用方法について見ていきたいと思います。
基本的にはそれぞれの使用方法に記載されている通りで良いと思います。

リアップX5プラスネオ

成人男性(20歳以上)が、1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗布してください。
脱毛の範囲の大小に関わらず、1回1mLは守っていただくようにお願いします。1回1mLを塗れば頭皮に十分に行き渡るため、使用しすぎは副作用のリスクが上昇したり、無駄に薬を使ったりしていることになります。

リアップ

リアップX5プラスネオと同様に、1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗布してください。
塗布しすぎても効果が増強はしませんので、1回1mLはしっかりと守ってください。

リアッププラス

成人男性(20歳以上)が、1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗布してください。
同様に1回1mLは守ってください。

リアップジェット

成人男性(20歳以上)が、1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗布してください。
噴射部を回してロックを解除し、頭皮に容器先端を15回ゆっくり押しあてることで薬液1mLを噴射できます。
15回押し当てるとロックされ、それで1mL塗布できています。

リアップEXジェット

リアップジェットと同様ですが、1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗布してください。
噴射部を回してロックを解除し、頭皮に容器先端を15回ゆっくり押しあてることで薬液1mLを噴射できます。

フレッシュリアップ

こちらは医薬品ではないので、正しい用法や用量はありません。添付の文書通り使用するのが良いと思います。

正しい使用方法を行うことで、しっかりと効果を得られ、副作用の可能性を減らすことができます。
添付の説明書通り、正しく使用しましょう。

リアップで注意すべき副作用は?

リアップ副作用

AGAでお悩みの方
薬と効くと副作用が心配です。どのような副作用に注意すれば良いですか?
院長 藤田
主な副作用は、皮膚の発疹や発赤、頭痛、めまい、胸の痛みなどがあります。

フレッシュリアップ以外は、医薬品に分類されます。医薬品は、効果が担保されている分、副作用のリスクもあります。
今回は、リアップを使用する上で、どのような副作用に注意すべきかを考えてみたいと思います。

リアップは頭皮に用いる薬ですので、皮膚の副作用は頭皮が一番出現しやすいといえます。どのような薬でもアレルギーが起こるリスクはありますので、薬と直接塗布する当日は注意が必要です。
しかし、頭皮以外に発疹や発赤が出現することもあるので、その点は注意が必要です。

また、元々は血圧を下げる薬として開発されていた経緯がありますので、体の中に薬が吸収されると、血圧を低下させることがあります。
その結果として、頭痛やめまい、胸の痛みが出てくる可能性があります。

しかしながら、飲み薬ではなく、塗り薬を使用していればこれらの副作用のリスクは高くなく、比較的安心して利用できる薬ではないかと思います。

まとめ

リアップは科学的にも効果が示され、医師からも推奨されている薬です。一度試してみてはいかがでしょうか。

参考文献
  • 大正製薬(https://brand.taisho.co.jp/contents/riup/detail_200.html)(https://brand.taisho.co.jp/contents/riup/detail_200.html)
  • Gupta AK, Charrette A: Topical minoxidil: Systematic review and meta-analysis of its efficacy in androgenetic alopecia, Skinmed, 2015; 13: 185-189.
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる