VIO脱毛は黒ずみがあると断られる?レーザーで黒ずみは改善するのか

院長 藤田

こんにちは。内科総合クリニック人形町 院長の藤田です。

VIO脱毛を検討されている方のお悩みの中には「VIOに黒ずみがあると断られてしまうのか」「VIOは黒ずんでいると痛いのか」など、VIOの黒ずみに関するものがよく見られます。

光や医療レーザーを用いた脱毛は、濃い色の肌には照射することができないと言われたり、濃い色に強く反応する特徴を持っていたりするので、色素沈着で黒ずんだVIOはどうなるの?と気になられる方も多いようです。

ここでは、VIOが黒ずんでいる場合は脱毛を断られてしまうのかVIOに黒ずみがある場合の脱毛について詳しく解説しています。

また、黒ずみと脱毛時の痛みの関係デリケートゾーンの黒ずみに関してよくある質問にもお答えしていますので、VIOに黒ずみがあり脱毛に不安を抱えている方はぜひ参考にしてください。

目次

VIO脱毛は黒ずみがあってもできる?断られる可能性は

VIOラインは他の部位よりも皮膚が薄く、下着や生活習慣による摩擦で色素沈着が起こりやすい部分です。

他人のVIOラインを見る機会などあまり無いため、ついつい「自分だけがこんなに黒いのかもしれない」「恥ずかしい」と感じてしまう方が多いのですが、実際には、ほとんどの方が大なり小なり色素沈着を起こしています

院長 藤田

「VIOの色素沈着は誰にでも起こることであり特別不安を持つ必要はない」という点を前提に読み進めていただければと思います。

ほとんどの場合は脱毛が可能

VIOの黒ずみが原因で脱毛を断られることはほとんどありません。黒ずみ濃い場合であっても、適切な機器を使用しているサロン・クリニックを選べば脱毛可能な場合がほとんどです。

多くのサロン・クリニックで「VIOラインに黒ずみ(色素沈着)があっても、ほとんどの場合は施術が可能」と案内されています。

あまりに黒い場合ですとすぐに照射は難しい場合もありますが、出力を弱くする、適切なケアをしてから時間を置いて照射するといった選択肢もあり、黒ずんでいるから門前払いということはありません。

どのくらいの黒ずみならOK?

黒ずみがあっても脱毛できると言うけれど、具体的にどれくらいの黒ずみならOKなの!?と不安に思われる方もいらっしゃるかと思います。

個人差はありますが、デリケートゾーンにはどなたにも多少の色素沈着はありますので、基本的にはそのほとんどが許容範囲です。

デリケートゾーンの黒ずみの色

なぜVIOは黒ずんでしまうの?

お肌の黒ずみ(色素沈着)は、肌のメラニン色素が増えてしまうことで起こるものです。

メラニン色素は肌への刺激や紫外線を浴びることで増加する仕組みになっていますが、もともと日本人の肌にはメラニン色素が多く、色素沈着をしやすい傾向にあるとされています。

下記のような要因が重なり、VIOは特に色素沈着が起こりやすいです
VIOが黒ずみやすい理由
  • 皮膚が薄い
  • 衣類や下着による刺激を受けやすい
  • 歩く時や座る時に摩擦が起こる
  • 自己処理などでお肌が傷つきやすい
  • 蒸れやすく肌トラブルが起こりやすい

レーザーで黒ずみは改善するのか

「脱毛レーザーを使用すれば、VIOの黒ずみも改善する」という説がありますが、脱毛用のレーザーはシミを薄くする目的で作られているわけではないため、VIOに脱毛レーザを照射しても黒ずみは改善できません。

ただし、全く無関係とも言われると、そうも言い切れない部分があります。下記でもう少し詳しく解説します。

脱毛用のレーザーとシミ治療レーザーは別物

脱毛とシミ治療は、どちらも光やレーザー機器を使用するものですが、両者は光の波長の長さ、照射時間が異なります。

脱毛は脱毛に、シミはシミに、それぞれに適した光の波長の長さ照射時間が設定されています。

脱毛レーザーとシミ治療レーザーの違い

脱毛レーザー機器シミ治療レーザー機器
レーザーの種類ロングパルスレーザーロングパルスレーザー
光の種類アレキサンドライトレーザー
ヤグレーザー
ダイオードレーザー
アレキサンドライトレーザー
ヤグレーザー
ルビーレーザー
照射時間長い短い
ターゲット毛に含まれるメラニン色素肌に含まれるメラニン色素

上記のとおり、脱毛とシミでは同じ光を使用することもあり、メラニン色素をターゲットとしている部分も同じです。

そのため、何らかの拍子に脱毛レーザーを照射することで、肌の黒ずみやシミが多少改善されるケースももちろん考えられます

ただしあくまでも副次的な効果のため、期待できる程のものではありません。基本的には別物と考えておきましょう。

VIO脱毛後の自己処理が減った結果、黒ずみが改善される可能性はある

脱毛レーザーで直接的に黒ずみは解消できないものの、VIOを脱毛することで自己処理が必要が無くなる、もしくは頻度が減り肌への負担が軽減され、色素沈着が解消され黒ずみが薄くなることは大いに考えられます。

また、デリケートゾーンの毛が減ったり無くなったりした結果、下着内の蒸れが解消され、肌トラブルが起こりにくくなることも黒ずみが改善される要因となります。

VIO脱毛中、クリームで黒ずみケアはするべき?

VIO脱毛時の黒ずみについては「恥ずかしい」「なるべく痛みを避けたい」「黒ずみがあるといって出力を弱くすると効果が心配」といった気持ちから、なるべく黒ずみを解消した状態で施術を進めていきたい方も多いことと思います。

そこでよく取り上げられるのが「デリケートゾーン専用のクリーム」です。施術中にクリームで黒ずみケアをすべきなのかについてお答えします。

アフターケアや保湿目的で使用すると◎

VIO専用クリームは「黒ずみを白くする目的=漂白的な目的」というよりは、脱毛後のアフターケアや日々の保湿など、VIOのお肌の状態を健やかに保つ目的での使用が望ましいです。

VIO専用クリームでアフターケアや保湿を行うと、メラニンの生成が抑えられ、乾燥や肌荒れ防止にも。お肌のターンオーバーが促され、肌の状態が健康になることで色素沈着を予防できます。

主に「メラニン生成を防ぐ」「保湿」が目的!
VIO脱毛中に黒ずみ対策
クリームを使用すると?
  • メラニンの生成を抑える
    しみやそばかすを防ぎ、古い角質や汚れ対策に
  • 脱毛後の肌トラブルを防ぐ
    炎症による色素沈着を予防
  • 肌が保湿されるとバリア機能が高くなる
    衣類の刺激や歩く際の摩擦などによる色素沈着を予防
  • 肌が保湿されることで適切なターンオーバーが促される
    肌が生まれ変わることで色素沈着が薄くなっていく

VIO専用クリームで黒ずみは美白できる?1) 2) 3)

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームの中には、「黒ずみ・美白」といったあたかも黒ずみが漂白されて白くなるような表現をされているものがありますが、こういった商品や広告には慎重にならなければいけません。

というのも、商品に「美白」と表示できるのは厚生労働省から「この成分は美白効果が認められる」をお墨付きを貰った有効成分を配合している商品だけだからです。

美白効果が認められる成分を「有効成分」と呼び、有効成分を配合している商品は医薬部外品と呼ばれます。

厚生労働省が認めている美白有効成分の例
  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • コウジ酸 など

また、「美白」という表現も黒ずみを漂白するような意味合いではなく、「メラニンの生成を防ぎ、シミやソバカスを防ぐ」と明確に決められています。

メラニンの生成を防ぎ、シミやソバカスを防ぐとは?

シミやソバカス(色素沈着や黒ずみ)は、メラノサイトが作るメラニンが大量に生成され、停滞している状態です。そこで、メラニンの生成を抑制することでこれ以上、濃くならないようにします。

美白有効成分が含まれた「医薬部外品」のものを選ぶと◎
脱毛中のVIO専用クリームまとめ
  • VIO専用クリームは黒ずみを漂白するものではない
  • 美白有効成分が含まれているものは、黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑制できる
  • 美白有効成分が含まれている商品は化粧品ではなく「医薬部外品
  • 保湿等で肌を健やかにし、ターンオーバーを促すことで黒ずみを薄くする効果が期待できる

VIO脱毛中に保湿目的で使用するクリームは、デリケートゾーン専用のものでなくても、アフターケアや保湿を目的とする化粧品でも十分です。

黒ずみを解消したい目的がある方は、美白有効成分が配合されているデリケートゾーン専用の医薬部外品を選んでみましょう。

「黒ずみがあるとVIO脱毛が痛い」ってホント?

メラニン色素が多い毛や肌は痛みを感じやすくなります。ただ、出力を調整したり、麻酔の使用で痛みは軽減できます。

光や医療レーザーを用いた脱毛は、メラニン色素に反応する特殊な光を照射し、発生した熱により毛根を弱らせたり、破壊したりして脱毛します。

メラニン色素の量が多いほど大きな熱エネルギーが生じるので、メラニン色素が多い毛や肌に照射すると痛みを感じやすい傾向があります。

ただし、照射する出力を小さくすることで発生する熱エネルギーの大きさを調整することは可能ですし、使用するレーザーの光や機器を使い分けることで痛みをコントロールできます。

院長 藤田

クリニックによっては麻酔を使用することもできますので、痛みに弱いという方でも安心して施術に挑める環境が整えられています。

VIO脱毛後に黒ずみが目立つときの対策法

VIO脱毛が進んで毛が減っていくと、毛の下に隠れていた皮膚が目立つことでVIOラインの黒ずみが気になりだす方も少なくありません。

クリニックには皮膚の色素沈着を解消するレーザーもありますが、VIOラインの黒ずみや色素沈着は日頃のケアを少し気を付けるだけでも随分と解消することができます。

ここではVIO脱毛後に黒ずみが目立つときの対策法をご紹介します。

院長 藤田

VIO脱毛後の方はもちろん、脱毛を今から始められる方は照射時の痛みや肌トラブルの解消にも有効ですので、ぜひ取り入れてみてください。

下着や衣類の見直し

できるだけ締め付けが少なく、肌に優しい下着や衣類を使用するようにしましょう。

締め付けると肌が擦れやすくなり、そこに摩擦が加わると刺激が与えられ、色素沈着が起こりやすいです。また、通気性の悪い下着は蒸れやすいため、雑菌が繁殖しやすくなります。

雑菌が多い環境は肌トラブルを招き黒ずみを招く原因となるため、素材にも気を付けるようにしましょう。

自己処理には電動シェーバーを使用する

脱毛中や脱毛後に自己処理をする場合は、肌に刃が直接当たらない電動シェーバーを使用するようにしましょう。

電動シェーバを使用すると、肌を傷つけることで起こる色素沈着や黒ずみを予防できます。

保湿を心がける

保湿を行うことで肌のバリア機能が保たれ、炎症が起こりにくくなり色素沈着の予防ができます。

保湿された肌は瑞々しくなり、トーンが明るくなる効果も期待できます。

専用ソープやクリームを使う

デリケートゾーン専用のソープやクリームの使用も有効です。黒ずみケアをしたい場合は、美白有効成分が含まれた医薬部外品を選びましょう。

VIOラインは肌が薄く、とてもデリケートな場所。刺激の強いソープや化粧品の使用は、刺激となり色素沈着を起こしてしまう可能性があります。

デリケートゾーン専用のソープやクリームは、VIOラインへの刺激が少ない優しい成分でできていたり、美容にうれしい保湿成分が配合されています。

普段デリケートゾーンには何も塗っていない方も多いと思いますが、シェービングの機会がある脱毛時にはぜひ利用してみましょう。

よくある質問Q&A

さいごに、VIOの脱毛後における黒ずみに関して、よくある質問に回答しました。

黒ずみがあるため照射時見られるのが気になります

どんな方でも多少の黒ずみがあるのが普通です。スタッフは多くの方の照射を毎日していますので、安心して脱毛に挑戦していただきたいと思います。

VIOラインの黒ずみに悩まれている方は、施術時に見られることに抵抗を感じてしまう方も多いかと思います。

ただ、施術する医師やスタッフは今までたくさんの方の施術をしているので、黒ずみがあったとしても気にする方はいませんし、黒ずみが全く無い方のほうが珍しいです。

本当に黒ずみがひどいのですが、VIO脱毛できるのでしょうか。

黒ずみには個人差があり人によっても感じ方がさまざまですが、黒ずみがあっても脱毛できる場合がほとんどです。ご自身で黒ずみが濃いと感じている方は、サロンよりも肌トラブルへの対応ができる医療脱毛がおすすめです。

黒ずみが濃い方の対応としては、下記のような方法があります。

  • レーザーの出力を小さくして照射する
  • メラニン色素の量に左右されにくいヤグレーザーを搭載した機器を使用する
    ※ただし、ヤグレーザーは痛みを感じやすい点に注意
  • アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを使い分ける
  • 蓄熱式脱毛器を使用する

対応方法の選択肢が多いのは、脱毛サロンよりも医療脱毛クリニックです。

黒ずみがひどいと感じていらっしゃる場合には、照射による火傷のリスクが高くなります。肌トラブルを防止する意味でも、まずはクリニックに相談してみましょう。


この記事を書いた医師

内科総合クリニック人形町院長 藤田医師
Dr. 藤田 英理

内科総合クリニック人形町 院長
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
東京大学医学部保健学科および横浜市立大学医学部を卒業
東京大学付属病院や虎の門病院等を経て2019年11月に当院を開業
最寄駅:東京地下鉄 人形町および水天宮前(各徒歩3分)

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる