医療脱毛で毛穴の開きや黒ずみが改善されるのは本当?脱毛直後は毛穴が目立つこともある

医療脱毛で毛穴の開きや黒ずみが改善されるのは本当?脱毛直後は毛穴が目立つこともある
院長 藤田

こんばんは。内科総合クリニック人形町 院長の藤田です。

医療脱毛により、毛根組織の細胞が破壊され、毛が抜けていくのは知っている人もいるかもしれませんが、毛穴の開きや黒ずみにも効果が期待できることは、まだあまり知らない人もいるのではないでしょうか。

毛がなくなるにつれて、毛穴にも影響があり、肌がきめ細かくなったりトーンアップしたりと、副次的な良い効果がいくつかあるのです。

ただ、中には脱毛後に毛穴が逆に目立つなど、思うような効果がない場合も。このような時も、なぜそうなるのか知っていれば安心して対処できます。

また、黒ずみや色素沈着が強いと痛みがあったりそもそも脱毛できないこともあるのですが、そんな時の対処方法についても紹介します。

脱毛と毛穴の開き・黒ずみとの関係、どうして毛がなくなるだけではなく肌自体が綺麗になっていくのかなど、医師本人が丁寧に解説していくので、ぜひ参考にしていただければと思います。

目次

医療脱毛の毛穴の開き・黒ずみへの効果

医療脱毛を受けることによって、毛穴や黒ずみへどのような効果があるのか、詳しく解説していきます。

毛がなくなると毛穴は小さくなっていく

まず、毛がなくなることにより、毛穴は徐々に小さくなっていきます。

毛が生えていると、どうしてもその分毛穴が広がるため、毛穴が目立ってしまうことがあります。

毛が生えていると毛穴が目立つ
毛がなくなると毛穴も目立たなくなる可能性が高い

産毛などの細い毛ならそこまで目立たないと思うかもしれませんが、脱毛してなくなってみると、後から目立っていたことに気がつくことも。

医療脱毛では毛根部分から毛が抜け、一度抜けたところから再度毛が生えてくることはほぼないため、毛穴が縮小していきます。

毛穴の開きにもいろいろな原因があるので、一概には言えないのですが、毛が生えていることにより毛穴が悪目立ちしていた人は、医療脱毛により毛穴が目立たなくなる可能性が高いです。

毛穴の黒ずみが改善される可能性あり

毛穴のトラブル
小鼻の毛穴の黒ずみで悩む人は多い

毛穴の開きだけでなく、黒ずみに関しても、医療脱毛を受けたあとに改善されたと感じる方も多いです。

医療脱毛で毛穴の黒ずみが改善される理由は、大きく分けて2つです。

  1. 毛が残って黒くなっていたのが、毛が抜けたことにより改善された
  2. レーザーが黒ずみのメラニン色素に反応し、トーンアップした

①は、毛穴に毛が残って目立ち、黒く見えているパターンです。

例えば、毛を剃ったら余計に目立った、ポツポツと毛が見えるなどの場合がこれに当てはまります。

毛は剃った場合、断面が大きくなってより目立つようになったり、埋没毛になってポツポツと黒く残ったりと、肌トラブルに繋がりやすいです。

このような毛も、医療脱毛を受けることで徐々に抜けていき、綺麗な状態になります。

②は、いわゆる「毛穴詰まり」のパターンです。毛穴に詰まった皮脂が酸化したり、角栓が詰まったりすることで、毛穴の黒ずみが起こります。

毛穴づまりした毛穴の状態
毛穴詰まりして黒ずみになることも

この場合、レーザーの種類によっては改善されたり、また毛が抜けていくごとに自己処理の回数が減ることで、黒ずみの原因となる乾燥や肌ダメージが減り、改善される可能性大です。

いくつかあるレーザーの種類の中でも、「アレキサンドライトレーザー」はシミや黒ずみなどの美肌治療にも使われるレーザーで、メラニン色素への良い効果があると言われています。

このレーザーは、主に二の腕や太ももにできる細かいプツプツの「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」と呼ばれる症状に対しても効果が期待できるとされています。

ただし、脱毛施術と美肌治療は出力など異なり、あくまでも脱毛施術における美肌効果は副次的なものとなりますが、改善される可能性はあります。

また、レーザーの種類関係なく、脱毛施術で毛が抜けていくと、自分でシェービングなど自己処理する必要がなくなります。

そうすると、肌へのダメージが減り、黒ずみや色素沈着もしにくくなっていきます。

黒ずみや色素沈着の原因として、自己処理により肌や毛穴周りの皮膚を傷つけることや、乾燥などがあるため、これを避けるだけでも良くなっていきます。

このように、医療脱毛は脱毛だけに留まらず、間接的に高い美肌効果ももたらしてくれるのです。

脱毛後に毛穴が開くこともある

稀に、「脱毛後に毛穴が開いた」と感じる人もいます。

これは、出力の高いレーザーを受けた時に感じることが多いです。

毛穴周りの皮膚が刺激を受け、一時的に広がった状態となります。炎症や赤みを伴う場合もあります。

多くの場合は時間が経つごとに落ち着いてきますが、炎症が治らなかったり、気になる場合はクリニックに連絡して相談するのが良いでしょう。

また、生理前や体調が悪い時などは、脱毛施術の刺激を強く感じる人もいます。

医療脱毛では、毛が抜け落ちるまでに1〜3週間かかりますが、その間毛が肌表面に出てくるまで毛穴がポツポツと黒く見えることもあります。

これは毛が抜け落ちる前の「ポップアップ現象」と呼ばれるものです。

熱破壊式と言って、熱エネルギーにより毛根組織を破壊するタイプの脱毛方式の場合、ポップアップ現象は普通に起こるものです。

毛穴の開きや黒ずみができる理由

そもそも、どうして毛穴の開きや黒ずみが起こるのか、普段から防ぐ方法についてもあわせて紹介します。

ムダ毛の自己処理でできやすくなる

これは先ほどお話したことと被りますが、もう少し詳しく解説します。

ムダ毛の自己処理により、毛穴の開きや黒ずみを引き起こします。

自己処理の方法の中でも、特に毛抜きやワックス脱毛は肌トラブルに繋がりやすいので、避けた方が良いです。

脇の毛穴の黒いポツポツ
脇やVIOは色素沈着などしやすい

毛抜きやワックス脱毛は、毛穴を毛根から引き抜く方法ではありますが、無理矢理引っ張るため、毛穴周りの皮膚が傷ついたり、引き抜ききれずに黒く残ってしまうことも。

これが埋没毛の原因となったり、将来的に毛穴がポツポツと開いたり、あまり良いことがありません。

自分で処理するなら、肌へのダメージが少ない電動シェーバーが良いです。カミソリを使う方も多いと思いますが、カミソリは肌の角質を余計に取ってしまい、肌が傷つきやすいです。

正しい自己処理を続けつつ、できるだけ早く脱毛施術を受けて毛をなくし、自己処理の回数を減らしていくことが、毛穴の開きや黒ずみを防ぐベストな方法となります。

乾燥や日焼けによる肌へのダメージ

乾燥や日焼けなども、肌には良くありません。

また、ひどく乾燥していたり日焼けの程度が強いと、脱毛が受けられないこともあります。

普段から乾燥対策・紫外線対策はしっかり行い、肌を良い状態に保つことが、毛穴の開き・黒ずみ・色素沈着の改善に繋がっていきます。

医療脱毛でもっと肌が綺麗になる理由

医療脱毛により、毛がなくなるだけなく毛穴の開きや黒ずみの改善が期待できることはわかっていただけたと思いますが、それ以外にも間接的に肌が綺麗になる理由がいくつかあるので、紹介していきます。

化粧水・美容液などの浸透が良くなる

脱毛後の美肌ケアのメリット
普段の美肌・美白ケアの効果アップも見込める

毛がなくなることで、毛が邪魔しなくなり、化粧水や美容液などの浸透が良くなっていきます。

特に顔の場合、産毛がなくなることで、少ない量でもきちんと肌へ届くようになり、効果を実感しやすくなると思います。

産毛は普段あまり見えませんが、なくなってみるとその違いにびっくりすると思います。

日々の肌ケアの効果を上げるためにも、医療脱毛はとてもおすすめです。

産毛がなくなりメイクのりが良くなる

顔の産毛をいつも剃っている方はお分かりかもしれませんが、産毛がなくなると、メイクのりが良くなります。

ファンデーションなどが綺麗に肌に密着するため、化粧崩れもしにくくなります。

さらに、毛穴が小さくなると、毛穴にファンデーションがたまるようなこともなくなるので、化粧直しに取られる時間が減ります。

産毛がなくなって肌全体がトーンアップするのは当然のこと、肌ケアの効果がアップしたり、化粧に関する手間や時間が減ったりと、時間の節約にもなるのが医療脱毛の素敵なところです。

黒ずみや色素沈着があると脱毛施術を受けられないことがある

黒ずみや色素沈着が医療脱毛により改善する可能性ありとお伝えしましたが、これらが強く出ている場合には施術を受けられないことがあります。心配な方への対処法を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

蓄熱式の脱毛機器なら肌色に関係なく脱毛できる

医療脱毛には2つの種類の脱毛方法があり、黒ずみや色素沈着がひどい時に受けられないのは、メラニン色素に反応するタイプの「熱破壊式脱毛」になります。

メラニン色素に反応するということは、黒い部分に反応するということなので、黒ずみや色素沈着に反応して強い痛みを感じたり火傷の恐れもあるため、受けられないことが多いのです。日焼けしている人も同様の理由で断られることがあります。

一方で、「蓄熱式脱毛」の場合は、メラニン色素に関係なく脱毛できるので、黒ずみ・色素沈着・日焼けがある人でも脱毛施術を受けることができます。

蓄熱式脱毛は、毛がポロポロと抜け落ちずに、徐々に毛が生えてこなくなるという脱毛方法です。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

黒ずみや色素沈着が強く出やすいVIOも、熱破壊式では痛みがかなりありますが、蓄熱式では痛みがほとんどなく脱毛できるので、VIO脱毛を考えている方にも非常におすすめです。

美白ケア用品を販売している場合もある

クリニックでは、脱毛施術後の炎症止めの薬は無料で貰えることが多いですが、それ以外の普段ケア用の商品を販売していることがあります。

もし黒ずみや色素沈着が気になるなら、そうした商品を使ってみるのも良い方法です。

例えば、デリケートゾーンの美白ケアを行うことで、脱毛の痛みを減らし効果を高めることにも繋がります。

乾燥と日焼け対策を行うだけでも十分だとは思いますが、もし余裕があったり、気になる時にはこうした美白ケア用品を利用するのがおすすめです。

肌の変化を感じやすい顔脱毛はぜひ一度受けてみて

毛穴の開きや黒ずみの原因・対処法について解説してきましたが、全身の部位の中でもこれらの変化を感じやすい顔脱毛は、ぜひ一度受けてみていただきたいと思います。

毛がなくなることにより、上記で解説したさまざまな効果を実感していただけると思います。

脱毛と毛穴の関係について、今回の記事の要点をまとめました。

  • 医療脱毛により毛穴が小さくなり目立たなくなる
  • 毛穴の黒いポツポツや黒ずみが改善される可能性もあり
  • 美肌効果を期待するなら「アレキサンドライトレーザー」がぴったり
  • 脱毛後に毛穴が開くのは一時的、またはポップアップ現象によるもの
  • ムダ毛の自己処理の回数が減ることで黒ずみなど改善される
  • 産毛がなくなると化粧水の浸透が良くなり、メイクのりも良くなる
  • 黒ずみ・色素沈着が強い場合は「蓄熱式脱毛」がおすすめ

医療脱毛は、効果が高いため一回目からでも肌の変化を感じることができます。

毛穴の開きや黒ずみが気になる方も、ぜひ一度試してみてくださいね。

悩んでいる方の参考になれば幸いです。

以上


この記事を書いた医師

内科総合クリニック人形町院長 藤田医師
Dr. 藤田 英理

内科総合クリニック人形町 院長
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
東京大学医学部保健学科および横浜市立大学医学部を卒業
東京大学付属病院や虎の門病院等を経て2019年11月に当院を開業
最寄駅:東京地下鉄 人形町および水天宮前(各徒歩3分)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる