メニュー

花粉症

当院では花粉症の診療を行っています。

病歴と症状について詳しくお聞きした上で、適切な検査と治療をご提案します。

過去に眠気などの副作用が出たお薬についてもお聞きしますので、可能な限りお薬手帳などの持参をお願い致します。

 

花粉症は通年性と季節性に分類されます。

通年性の花粉症

ダニ、ペット、ゴキブリなど1年中存在する抗原に対する症状です。

特に小児で発症し、いつも鼻がぐずぐずしている・鼻がつまっている・いびきをかく・いつも口が開いているといった症状が出現します。

こうした症状は集中力の低下や、口の中が渇いて虫歯になりやすいのどが痛みやすいなどの弊害を生じるため、しっかりとした治療を受けましょう。

季節性の花粉症

スギを代表とする花粉抗原に対する季節限定の症状です。

花粉飛散期は以下のようになっています。

  • スギ(2月~4月)
  • ハンノキ(1月~4月)
  • ヒノキ(4月~5月)
  • イネ科(カモガヤ)(5月~6月)
  • ブタクサ(8月~10月)

わが国ではスギの花粉量が圧倒的に多いため、最初はスギ花粉に対する症状で発症し、年を経るごとにその他の花粉ににもアレルギー症状が出て来るという経過の方が多いです。

花粉症の治療薬

花粉症の治療薬には内服薬、点鼻薬、点眼薬があります。

内服薬

従来の抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)は眠気の副作用が多かったのですが、

ここ数年で眠気が出にくい抗アレルギー薬が相次いで発売されています。

過去に抗アレルギー薬で眠くなったという方はご相談ください。

また、鼻づまりが強い場合は点鼻薬と合わせてロイコトリエン拮抗薬と呼ばれる抗アレルギー薬を処方することもあります。

点鼻薬

まずは以下の写真をご覧ください。

aは正常な鼻粘膜、bは通年性アレルギー性鼻炎cは季節性アレルギー性鼻炎の方の鼻粘膜です。

季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)では鼻粘膜が真っ赤に充血して腫れているのが分かります。

この炎症を鎮めないことには、なかなか鼻水・鼻詰まりが改善しないのです。

そのためには、ステロイド点鼻薬が最も有効であり、現在のアレルギー性鼻炎治療ガイドラインでも軽症時からのステイロイド点鼻薬を推奨しています。現在は1日1回で済む点鼻薬があり、楽に使用できます。そして、点鼻する分にはステロイドの副作用はほとんどありません。

また、鼻粘膜の炎症をステロイド点鼻薬で抑えることで、目のかゆみが抑えられることも分かっています。

ところで市販の点鼻薬が数多く出回っていますが、成分は抗アレルギー薬のみであり、一時的な効果はありますが炎症を抑えることは出来ません。医療機関で処方する点鼻薬とは別物ですので、市販の点鼻薬で一時的に鼻水を抑えているだけですと、年々重症化していく恐れがあります。

点眼薬

目のかゆみを抑えるには、抗ヒスタミン薬点眼をステロイド点鼻と併用するのが有効です。

ステロイド点眼薬は眼圧上昇や白内障を起こすといった副作用があり、最重症の方の一時的使用のに留めるべきです。

花粉症の検査

当院では採血による花粉に対する抗体の検査が可能です。

花粉以外にも、ハウスダスト・ダニ・動物・食物などのアレルギーも同時に調べることが出来ます(症状からアレルギーが疑われることが前提です)。

様々な組み合わせのセットがありますので、受診時医師にご相談下さい。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME